熱やホコリから赤ちゃんを守る、53cmのハイシートベビーカー - アップリカ

写真拡大

アップリカ・チルドレンズプロダクツは3月29日より、国内初の53cmハイシートの軽量ベビーカー「エアリア(AirRia)」を発売する。

同製品は地上53cmの“ハイシート”で、4.8kgの“軽量”を実現した国内初のベビーカー(※)。

同社が2012年7月に行った調査によると、ベビーカーの購入検討をしている母親(436人)が軽量と思うベビーカーの重量は、5.0kg以下であったという。

4.8kgと母親が望む軽さと、赤ちゃんをホコリや熱から守るハイシート構造を両立させた商品となっている。

ハイシートの高さは53cm。

赤ちゃんの座面位置が路面から離れているため、熱やホコリから赤ちゃんを遠ざけ、快適な環境を保つことができる。

さらに、ベビーカーを押す母親と赤ちゃんとの距離が近くなり、乗せおろしも楽に行える。

座面には、新素材のクッション「ブレスエアー」を搭載。

従来のウレタン素材と比較し、約11倍の通気性を実現している。

さらに「ブレスエアー」は、ベビーカーの振動テストでも、振動吸収性が高いことが明らかになったという。

カラーは、オーヴァルドット/カラーリングチェック/パーソナルレッド/ケイトブラックの4色。

価格は4万2,000円。

※1.5kg以下のベビーカー(2013年2月 同社調べ)