西海岸発デニムブランド「アーティクルズオブソサイエティ」初上陸

写真拡大

 アメリカ西海岸発のファクトリーデニムブランド「Articles of Society(アーティクルズオブソサイエティ)」が、2013年2月に日本に初上陸した。ロサンゼルスの百貨店「ノードストローム」では、出店以来、1週間に3,000本以上が購入されているという話題のブランド。ローコストでハイパフォーマンスを実現する"ニュージーンズ"で、2013初年度の売上高は4億円を目指す。

西海岸発の低価格デニムブランド初上陸の画像を拡大

 2012年春にデビューした「Articles of Society」は、ミレニアム世代をターゲットに、「Theory(セオリー)」や「Vince(ヴィンス)」で実績を積んだガイ・キンバーグが、中国に「ゴールデンウィン」という工場を持つロビン・ゴソリと共に設立。社長は「Hudson Jeans(ハドソン ジーンズ)」の副社長を経て、「William Rast(ウィリアム・ラスト)の社長を務めたリック・スピルバーグが担当。履き心地と伸縮性の良さに加えて、ベーシックスキニーパンツが7,800円など、6,800〜10,800円を中心とする手頃な価格のアイテムを揃える。

 国内では「FREE'S SHOP(フリーズ ショップ)」や「aquagirl(アクアガール)」、「B:MING LIFE STORE(ビーミング ライフストア)」、「N.Natural Beauty Basic*(エヌ ナチュラルビューティー ベーシック)」などセレクトショップを中心に順次販売をスタート。ジャメリック・ジャパンが、輸入販売を手がける。デニム

■ジャメリック・ジャパン
 http://www.jamericjapan.com/