東野幸治がブロマガ「東野歌舞伎町倶楽部」配信開始、2/20にはニコ生へ降臨

写真拡大

お笑い芸人の東野幸治が、動画サービス「niconico」の「ニコニコチャンネル」にて2月14日(木)より、ブロマガ「東野歌舞伎町倶楽部」の配信をスタートした。

東野は第1回目の配信で「私は2年前から週一回吉本の本社のある新宿の歌舞伎町で中国人女子大生に中国語を習っています。

現在のメンバーは私東野と華丸大吉の華丸君と都市伝説の関君と元Bコースのナベ君の4名です。

それを私は勝手に『東野中国語倶楽部』と呼んでいます」と中国語の習得に熱心になっていることを明かしながら、「ブログのタイトルを一瞬『東野中国語倶楽部』にしようかなとも思った」とブロマガのタイトルについて言及。

そして「別にブロマガの中で中国語を教えるわけでもないし、現在の日中関係のこじれから、このブログがもし荒れたら嫌だし。







迷った挙げ句それだったら、『東野歌舞伎町倶楽部』にして定期的に歌舞伎町の本社から生配信するという決まりにすればいいのかなぁと思ってこのブログのタイトルにしました」と「東野歌舞伎町倶楽部」とタイトルの由来について説明している。

今後東野は、週1〜2回ペースでブロマガ記事を更新していくとともに、親交のある芸人を招いて独自にチャンネル生放送も行っていく予定だという。

「とにかくスケジュールを確認して 早急に一発目の生配信をしましょう!」とニコ生にも前向きな姿を見せており、第1回目の放送は2月20日(水)に決定。

「東野幸治がニコニコに降臨! 第1回生放送!!!」と題して同日17:00より生放送を開始する。

「ブロマガ」は、企業や団体などの公式動画配信サイト「ニコニコチャンネル」に追加された機能で、従来からの映像コンテンツに加え、ブログやメルマガのような記事コンテンツも同一プラットフォーム上で配信できるサービス。

1記事単位の「都度価格設定」や1カ月間単位の「月額価格設定」といった記事の有料設定に加え、アフィリエイトの貼付といった広告収益モデルにも対応している。

これまでブロマガは、作家、ミュージシャン、政治家、ジャーナリスト、メディアなどが中心であったが、今年1月には一般ユーザーにも開放され、プレミアムアカウントが必要ではあるものの、誰でも「ブロマガ」の開設が可能となっている。