ネットモールがおすすめをランキング(写真はYahoo!ショッピング)

写真拡大


3月14日はホワイトデー。バレンタインデーにチョコをもらった人ももらわない人も、女性との関係を強化、修復する絶好の機会となります。1年に1回のことなのですから、男性は多忙な中でも準備を怠らないようにしたいものです。


NTTレゾナントが運営するgooランキングでは、ホワイトデーに関する調査結果を2つ公開しています。傾向をつかんで、対策の参考にしてみては。


ネットショップの「ホワイトデー特集」は使える


1つめの調査は、「ホワイトデーのお返しで残念だったものランキング」。せっかくお返しを準備したのに、残念と思われてしまっては逆効果。1位は「こちらが渡したものより明らかに金額が低い」だったそうです。


女性はみんな海老で鯛を釣ろうとしているワケではないでしょうが、見るからにお金がかかっていないものだと、


「こっちはせっかく色々考えて選んだのに」

「あげなきゃよかった」

なんて思われてしまうのかも。懐事情は厳しいですが、「お返ししなかった方がマシ」とならないためにも、予算はしっかり確保しましょう。


2位には「趣味ではないハンカチ・タオル」、3位には「趣味ではないアクセサリー」が入りました。あげてから「これはちょっと…」と言われても困るので、センスに自信がない人は身に着けるものは避けた方がよさそうです。


4位には「箱詰めのお菓子を『みなさんへ』とまとめて」が入りました。もらったものが義理チョコでも照れくさくても、くれた人に向かってきちんとお返しするのが礼儀です。


5位以下には「よく知らないキャラクター小物」「下着」「直前に調達したと思われるお菓子」「男性側の好みのCD」などが挙がっていますが…。全部チェックしていると何をあげればいいのか分からなくなるので、掲載を省きます。


2つめの調査は、「毎年もらって飽きあきしているホワイトデーのお返しランキング」。もらっておきながら失礼な! と思いますが、トップ5の「キャンディー」「マシュマロ」「クッキー」「ハンカチ」「チョコレート」あたりは要チェックです。


女性側はチョコだけなのに、男性側にあれダメこれダメと言われても困るのですが…。それを考えるのが「腕の見せ所」なのでしょう。最近は迷える男性のために、ネットの各ショッピングモールが「ホワイトデー特集」を組んでいますので、それを利用するのも手かもしれません。