台湾出身デザイナー「ダリオ」の小宇宙 デビューコレクション発表

写真拡大

 アッシュ・ペー・フランスが2月13日、23歳の台湾出身デザイナー謝仁欣(HSIEH JEN-HSIN / シャ・レンシン)を起用した新ブランド「DARIO(ダリオ)」のデビューコレクションショーを開催した。日本のアニメに興味があり、聖闘士星矢からインスピレーションを得たというシャ・レンシンは、「the microcosmos within me(=自分の中の小宇宙)」をテーマに24体のメンズルックを披露。今後も日本をベースに、ブランドの確立を目指す。

「ダリオ」デビューコレクション発表の画像を拡大

 シャ・レンシンは、実践大学服装デザイン学科の在学中に、台湾テキスタイルフェデレーション(TTF)「2011 台湾ファッションデザイン大賞」でグランプリを受賞。その審査員を務めていた合同展示会「rooms(ルームス)」エグゼクティブプロデューサーの佐藤美加氏(アッシュ・ペー・フランス取締役)が才能に注目したことをきっかけに、アッシュ・ペー・フランスの全面的な支援によってブランドの立ち上げに至った。佐藤氏はシャ・レンシンについて「デザイナーの原石。数ある作品の中で、レベルの高さがぶっちぎりだった」と高評価し、日本に招いてブランドをスタートするためのサポートを決めたという。「rooms」でもインキュベーションを目的とした「イエローブース」の設置などによって若手クリエイターらを支援してきた佐藤氏は「作る人がいれば売る人が必要。企業がしっかりサポートして若手を育てていかないと」と話し、今後も若手デザイナーの発掘や育成に取り組んでいくという。

 「DARIO」デビューコレクションは、テーラードスーツをベースにポップなカラーとプリントのスーパーミックスが特徴。シャ・レンシンのイラストから起こしたキャラクターやオリジナルの素材に施された刺繍が、光沢素材やデコラティブな小物とスタイリングされ、シャ・レンシンが思い描く小宇宙がメンズウェアに表現された。ショーを終えてシャ・レンシンは、「自分の強みは、あきらめない事。妄想や構想を具体化して創造していくDARIOの名前を多くの人に知ってもらってブランドを確立し、挑戦し続けていきたい」と話した。デビューコレクションは14日まで開催中の「rooms26」で展示され、秋冬シーズンの販売を視野にアッシュ・ペー・フランスが商品化と卸販売に向けて取り組む。

■DARIO デビューコレクション
 http://www.fashionsnap.com/collection/dario/2013-14aw/