グラフィティアート界のレジェンドFutura来日 ヘネシーボトルをデザイン

写真拡大

 グラフィティアート界の"レジェンド"と呼ばれているFutura(フューチュラ)が手がけた「Hennessy(ヘネシー)」のデザインボトル「ヘネシー V.S リミテッドエディション by Futura」が、3月1日に数量限定で発売される。これを記念して、2月13日にFuturaが来日し、親交が深いNIGO®やSk8ightthing(スケートシング)も駆けつけるなかプレスイベントを実施。2月15日と16日には、一般参加可能なローンチパーティーを千駄ヶ谷のイベントスペース「Creme de la creme(クレーム デ ラ クレーム)」で開催する。

Futura来日 ヘネシーのデザインボトルの画像を拡大

 1955年にニューヨークで生まれたFuturaは、1960年代後半の第一期サブウェイグラフィティシーンやKeith Haring(キース・へ リング)、Jean-Michel Basquiat(ジャン=ミシェル・バスキア)の活動に影響を受けてアートワークを開始。当時の主流であった"文字"は一切使用しない叙情的な抽象アートが話題を呼び、現在では現代アートシーンを牽引する存在として知られている。

 「ヘネシー V.S リミテッドエディション by Futura」は、「SPRAY CAN WIZARD(=スプレー缶の魔術師)」と称されるFuturaが手がけるデザインボトルで、コニャックの温かみのある琥珀色にインスピレーションを受けたというシグネチャーのアトムを表すモチーフや、独特なラインワークが特徴。13日に行われたイベントでFuturaは、自身の手がけたデザインボトルについて「スーパーエキサイティングな気持ちだよ。素晴らしい体験をすることができて、とても嬉しい」と話し、身振り手振りを交えたユーモア溢れる人柄で参加者と昼食を楽しんだ。また、「Hennessy」のインターナショナル マーケティング&コミュニケーション ディレクターEric Simonet(エリック・シモネ)は、「Futuraにお願いしたのは"ボトルを塗りつぶすのはダメだよ"ということだけで、ブランドの方向性を理解してくれたFuturaとはすごく自然な流れでパートナーシップを実現することができた。これからもアーティストとのコラボレーションを通じて、革新的でモダンなことをやっているんだなというブランドイメージを広めていければ」と話した。

 ローンチパーティー「Hennessy V.S Limited Edition by Futura Launch Party」は、「Hennessy」の公式サイトより予約を受け付け、予約者優先で入場可能となっている。会場内はデザインボトルのプロモーションムービーの上映や、 Futuraのグラフィティ作品を展示してアーティスティックなパーティー空間を演出。DJ BAKUやDJ KRUSHといったDJ陣がパフォーマンスするなか、ヘネシーソーダやヘネシーベリーといった4種のアルコールを提供する。

■ヘネシー V.S リミテッドエディション by Futura
 希望小売価格:3,990円(税込)
 容量:700ml
 発売日:2013年3月1日(金)

■Hennessy V.S Limited Edition by Futura Launch Party
 開催日時:2013年2月15日(金)・16日(土) 19:30~24:00
 会場:Creme de la creme
 住所:東京都渋谷区神宮前2-22-2 Fictionビル2F
 料金:入場料 3,000円(税込)
 ※ヘネシーミキサー 1ドリンク付
 公式サイト:http://www.hennessy-artistry.jp/futura/
 ※公式サイトの予約者優先入場
 出演アーティスト:15日(金):DJ BAKU /DJ MITSU THE BEATS /bugseed /budamunk
          16日(土):ONRA / DJ KRUSH /SAMON KAWAMURA /MURO

■問い合わせ
 MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社 モエ ヘネシー マーケティング部
 TEL:03-5217-9738