ユニクロ、今夏インドネシアに1号店を出店! -三菱商事と合弁会社を設立

写真拡大

ファーストリテイリングはこのほど、インドネシアで三菱商事と合弁会社を設立することで基本合意を締結し、今夏ユニクロ1号店を出店すると発表した。

同社は、2002年からアジアにおけるユニクロの出店を開始。

中国、香港、韓国、台湾、シンガポール、マレーシア、タイ、フィリピンへと店舗網を拡大し、2013年1月末のアジアにおける店舗数は338店に達している。

また、三菱商事は1954年よりインドネシアでの事業を開始し、現在、エネルギー、自動車、化学品関連等43社の事業投資先を持ち、幅広く事業展開している。

両社は2011年にタイにおいて合弁会社を設立し、同国におけるユニクロ事業は今年1月末現在6店舗まで拡大しており、計画通りの業績をあげているとのこと。

インドネシアでの合弁会社設立により、今夏ユニクロのインドネシア1号店をジャカルタのLOTTE Shopping Avenueに出店すると共に、両社のノウハウを最大限に活用し、早期の事業拡大を図るとしている。