酒好きがバレンタインデーに二人で飲みたいお酒は? - 酒文化研究所

写真拡大

酒文化研究所はこのほど、「バレンタインデー」をテーマとしたマンスリーアンケート調査「酒飲みのミカタ第2回」を発表した。

同社は、酒好きモニターを対象に毎月アンケート調査を実施。

モニターは日本在住の成人男女で、「ほとんど毎日飲む」と言う人が7割を占め、同社によれば、「酒飲みの気持ちを代弁する人たち」だとしている。

同調査は、酒飲みが考えるバレンタインデーとお酒をテーマに、インターネットによる自記入式アンケート調査にて1,208名を対象に行われ、311の有効回答を得た。

調査期間は、2月1日〜5日。

「バレンタインデーに二人で飲みたいお酒はなんですか」に対して、もっとも多かった回答はシャンパンで65%だった。

以下ワイン62%、吟醸・純米酒33%、プレミアムビール28%、カクテル18%と続く。

同社では、シャンパンを飲みたいという言葉には、レストランで特別な食事をという意味も込められているのでは、と分析している。

「チョコと一緒にもらいたい(女性は贈りたい)お酒は何ですか」では、ウイスキーが最多で25%だった。

以下、ワイン23%、ブランデー17%と続いた。

男女別にみると意識差は広がり、男性ではウイスキー29%、ブランデー19%、ワイン19%の順だが、女性ではワイン31%、シャンパン25%、ウイスキー16%の順となっている。

今年のバレンタインデーを「漢字一文字+チョコ」の言葉で表すとしたら、という質問では、5人に一人(21%)が「絆チョコ」と答えた。

同社では、東日本大震災以来、人々が絆と大切にするようになったことがここでもうかがえる、としている。

以下は「和チョコ」「友チョコ」と続いた。