上坂すみれがアーティストデビュー決起集会!スローガンは生産!団結!半抑圧!

写真拡大

声優の上坂すみれが「上坂すみれプロジェクト始動!!〜決起集会vol.0」と題したイベントを11日、東京・六本木のニコファーレで開催した。

上坂すみれは、2012年1月に放送されたアニメ『パパのいうことを聞きなさい!』小鳥遊空役で声優デビューし、『中二病でも恋がしたい!』凸守早苗役などでも人気を集めた。

上坂は業界でも指折りのロシア好きで、ラジオやイベントで見せる熱いロシア愛が本人のキャラクターと相まって話題となり、『ガールズ&パンツァー』ではロシア語を話すノンナ役を務めている。

今回の発表会では、上坂がTVアニメ『波打際のむろみさん』オープニング主題歌「七つの海よりキミの海」でスターチャイルドよりアーティストデビュー、4月24日にシングルをリリースすることが発表された。

会場となったニコファーレは、四方の壁がLEDディスプレイになっており、ニコニコ生放送の映像や視聴者コメントをリアルタイムで流せる仕様。

壁面には上坂がロシアの赤の広場をイメージしたという映像が赤と黒の特徴的な色彩で映しだされ、イベント前から彼女の登場を待ち受ける真っ赤な視聴者コメントが流れていた。

「世界が混沌を極める2013年、赤い衝撃が、今まさに生まれようとしていた……!」との煽り文から、ディスプレイに上坂のアーティストデビュー決定、タイアップ作品が『波打際のむろみさん』であることが映し出されると、会場はファンの大歓声に包まれた。

ヘビーなイントロと共にステージに現れた上坂は、白いロリータ風の衣装にリボン姿という出でたち。

軽快なダンスと共に「七つの海よりキミの海」を初披露して会場を沸かせた。

トークパートは軍服風衣装に着替えて、アジテーション演説っぽくスタートする上坂ワールド全開な内容。

上坂は「革命的ブロードウェイ主義者同盟」の組織立ち上げを宣言、ゆくゆくは中野サンプラザで新国家の建国パーティーの開催を目指すという。

同盟のスローガンは「生産! 団結! 半抑圧!」と徹底しているが、「デビューにあたって、やりたいことをいろいろ言ったら、全部通ってしまった」とのこと。

ライブやイベントに向けたグッズのアイデアもヘルメット、ガスマスク、ゲバルト棒風サイリウム、プロパガンダポスターといった内容だ。

同盟でよく使うロシア語のあいさつ講座をしたり、リクエストに応えて透明な歌声でソ連国歌を披露したりと、上坂以外のイベントでは考えられない独特の内容となっていた。

イベントのラストには、4月28日に原宿アストロホール、4月29日に東京キネマ倶楽部で次なる決起集会(ライブ)を行うことを発表。

ロシア語でファンと共に「ウラー!(万歳!)」三唱をして初の決起集会は幕となった。

イベント後上坂は、「好きなことを大事にすることを忘れないように、同士諸君と楽しんでいきたいと思います。

昭和っぽい歌謡曲やアイドルテクノ歌謡、メタル、ロシア語の歌などにもチャレンジして、ジャンルに縛られない人になりたいです。

ライブでは歌や音楽だけじゃなくて、そこにまつわる世界観をみんなと一緒に作って、前進して行きたいです」と意気込みを語っていた。