あなたの不用品は誰かの必需品? 誰でも簡単エコ生活!

写真拡大

お部屋を見渡してみたとき、眠っている不用品はみつかりませんか? 頂き物の食器セットや、古くなった衣類など、「いつか使う、いつか役に立つ」と思って、放置している物があるものです。

でも「いつか」なんて、本当に来るのでしょうか。

しまい込んだまま気付かずに終わってしまうことが多いように思えます。

そこで、こうした不用品を上手に活用して、気軽なエコライフを始めてみませんか? あなたにとって不要でも、誰かがそれを求めているかもしれません。

■オークションで手堅くエコインターネットオークションを利用すれば、不用品を気軽に出品することができます。

「楽天オークション」や「Yahoo!オークション」は聞いたことがあるのではないでしょうか。

例えばキャラクター物などは、いわゆる“マニア”がいるかもしれません。

知らないだけで実は珍しいという品を持っていれば、驚くような価格で買い手が見つかることもあります。

販売価格はこちらで設定できるので、事前に中古ショップなどで査定してもらった後、査定結果の価格を下限に設定し、オークションへ出品するのもよいでしょう。

もしオークションで売れなかった場合は、査定した中古ショップで売れば解決です。

■フリマで楽しくエコ公園などでは、毎週どこかでフリーマーケットが開催されています。

ここに参加して不用品を売ってしまうのもよいでしょう。

フリーマーケットで売るコツは、客層に合わせて出品する商品を選ぶこと。

若い人が多いフリーマーケットなら衣類や靴、アクセサリーが人気です。

ファミリーだと食器や洗剤、家電などが売れ筋になります。

また春は引っ越しシーズンなので家具、冬は暖房器具など、季節に合わせて出品するのもポイントです。

フリーマーケットはお客さんとの値段交渉も醍醐味(だいごみ)のひとつ。

休日の時間をフリーマーケットで過ごし、楽しみながら不用品を整理してしまいましょう。

■企業の取り組む回収エコサービスあなたのやさしさは、誰かに分けてあげることができます。

これも、立派なエコです。

例えば「ユニクロ」は、古着のユニクロ製品を回収し、衣類を必要としている難民・避難民の方に寄贈しています。

「無印良品」では、回収した古着を工場用原料や燃料にするリサイクル活動を行っています。

中でも注目されているのが、レディースアパレルの「H&M」。

H&M製品、他社製品問わず、衣類を袋に入れて持ち込むと、1袋につき500円の割引券(3000円以上の購入で使用可能)がもらえるというものです。

回収された衣類は、パートナー会社で再加工し、古着や新たな用途に生まれ変わるとのこと。

(日本では2013年3月より実施予定)あなたにとって不用品でも、誰かにとっては必要なものかもしれません。

売ることや、回収してもらうことは、確かにちょっと手間に感じるかもしれません。

ただ、その少しの手間で、誰かが幸せになれると考えれば、積極的なエコ活動につながるのではないでしょうか。