もはや芸術品!外国人もうなった、日本生まれの職人的ガジェット「きせる」の魅力

写真拡大

刻み煙草を吸う際に必要になる「きせる」。「きせる」は江戸時代から、煙草を吸う道具として庶民に親しまれてきました。ここでは、きせる愛好家の目を通して、「きせる」のデザイン的な美しさやガジェットとしての魅力など、今もなお親しまれ続けている理由について掘り下げていきたいと思います。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

煙草は上手に吸うと甘くて美味しく、香りも良い。…というのが、煙草の嗜好品としての最大の良さですが、その良さを堪能するための道具=喫煙具という物もまた趣味・嗜好の対象になったりします。特にパイプ喫煙の世界では、パイプその物を初め必要な道具類が多く、「モノ」に拘りたいアイテム小僧(笑)には、正に打って付けの煙草分野です。

その西洋のパイプに相当する日本の喫煙具と言えば「きせる」という事になりますが、このきせるも、やはりマニア心をくすぐるアイテムだったりします。

きせると言えば、今は時代劇ぐらいでしか見かける事がないので、それは「江戸時代の喫煙具」であると考えていらっしゃる方も多いかと思います。けれども実際は、装飾性に優れたきせるの傑作の多くは明治時代に入ってから製作されています。明治9年(1876年)の廃刀令によって職を失った多くの刀職人が、きせる製作に生活の糧を求めたため、金工細工としてのきせるは明治期にその絶頂を迎えます。

その絶頂期のきせるたるや、本当に眺めていてもウットリするような物が多く、正に日本の職人技を手近に感じられる絶好のアイテムです。現代の西洋式のパイプが、木工芸術とも言える喫煙具であるのに対して、絶頂期のキセルは彫金・象嵌・金工芸術の粋とも言える芸術性を備えています。江戸時代までの日本刀の芸術性が、明治期のきせるにも宿っているという見方もできる訳です。

なるほど、海外にも日本のきせるのファンがいらっしゃるのも頷けます(http://www.sarudama.com/miscellaneous/kiseru.shtml)。このサイトからは、偶然の入手から、信頼できる販売店の確保まで実に2年間にわたる記録がみてとれます。また私自身も、そうしたきせるの魅力にはまり、オークションサイトで昔の銘品を物色する事が良くあります。もちろん、持っているきせるは実際に喫煙で使用します。

きせる喫煙というのは、長くても数分で終わるショート・スモークです。正に「一服入れる」喫煙です。この辺は、一回の喫煙に1時間から2時間程度を要するパイプ喫煙や、本格的なサイズでは1本吸うのに30分以上はかかる葉巻とは大きく異なる部分です。日本人は、このショート・スモークのスタイルを何百年も続けてきた訳です。だからこそ、同じくショート・スモークで、より簡易な喫煙方法である紙巻煙草が日本に登場すると、スムーズに主役の座が紙巻煙草に移っていったのでしょう。現代日本で主流となっている紙巻煙草によるショート・スモークの喫煙スタイルは、きせるによって既に江戸時代に確立されていたとも言えます。

皆さんもチャンスがあったら、素晴らしいきせるの世界を覗いてみてはいかがでしょう。そこでは、現代日本へと繋がる文化の断片を垣間見る事ができます。

資料提供:たばこと塩の博物館
[http://www.jti.co.jp/Culture/museum/about/index.html]

関連リサーチ実施中!
たばこの分煙がさらに進んでほしい場所はどこ? [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/11942 ]


こちらのレポートもどうぞ!
”友だち5000人”芸人・カラテカ入江が語る、たばこ交流術 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/7744 ]
【スマホ】喫煙者がいれておくべきアプリ6選! [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/6807 ]
超多忙なIT起業家・家入一真の効率的な仕事術とタバコとの密接な関係 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10188 ]
腐女子に聞いた、BOYS LOVEコミックキャラのこのシーンに萌える!(タバコ編) [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/11331 ]