【文房具】机にちょこんとおじゃま。目立つし可愛い「どうぶつ伝言メモ」たち

写真拡大

私の部署では、社員同士の連絡はほとんど電子メールになってしまいました。
でも、不在中に受けた電話の内容を伝えたり、お土産のお菓子にメッセージを添えるときには紙のメモを使っています。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

普段は伝言メモにポストイットを使っていましたが、先日文房具屋で面白い伝言メモを見つけて使ってみましたのでご紹介します。

■どうぶつおすわり付箋(ビジョンクエスト)

ペンギンの形をした付箋です。

足の部分に糊がついています。そのため、このように机の上に立たせた状態で貼ることができます。
オフィスで男性社員の私が使うにはちょっと可愛いすぎる気もしますが、女性社員へのお菓子のおすそわけするときにお菓子に貼って立てておいたらとても好評でした。

このペンギンは「水族館」シリーズで、ほかにはアシカ、イルカ、ラッコがあります。
そのほかの動物もいますので、お気に入りの動物を探してみてはいかがでしょうか。

■dengon(HI MOJIMOJI)


この伝言メモは、このようにPCのキーボードのキーとキーの間に差し込んで使う伝言メモです。

私の上司は複数のプロジェクトを抱えているため、机の上には会議の資料が広げられています。
しかし、PCのキーボードの上は書類に埋まることがないため、会議から戻ってきたときにすぐに気がついてもらえました。

例えば「電話がありました」といった概要は目立つところに書いておくことで、伝言内容をすぐ理解してもらえます。
そして伝言の詳細内容は、差し込む土台に書いて折りたたんでおくことで、内容を本人以外の人に見られないように配慮することができます。

■ku*ru*ru(カミテリア)

こちらも伝言内容を周りの人に見られにくい伝言メモです。

伝言内容をメッセージ欄に書きます。
書き終わったら、クルッと丸めて切り込みにそって差し込みます。

ペンギンが水中に飛び込むシーンになりました。

丸めることで立体的になり、机の上に置くととても目立ちます。

オブジェとして机の上に飾っておきたくなるくらい完成度が高い商品なのですが、そのせいで会社で使ったときには伝言メモだと気がついてもらえずに中のメッセージを見てもらうことができませんでした。


ご紹介した3つの伝言メモには、いろいろな種類の動物やキャラクターのものが用意されていますが、今回私はペンギンを買いそろえてみました。
いろいろな種類のものを集めることで、オフィスに動物園、水族館を再現することができます。

忙しい仕事の合間、ユニークな伝言メモでちょっと和んでみてはいかがでしょうか?

こちらのレポートもどうぞ!
お客様の前で"スマホでメモ"は失礼! デジタルにプラスで快適な厳選アナログメモ帳 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/11738 ]
【文房具】職場もホッと和む! おいしそうなメモと付箋たち [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12183 ]
「フリクション」で修正できる生活バランス管理。"三色ボールペン"手帳術 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/11520 ]
デスク周りを"おいしく"楽しく!思わず食べたくなる「食べ物文具」5選 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12190 ]
今年は、昭和なら88年! かわいい「懐かし文房具」もう一度集めてみました [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/11870 ]