危険な道も乗り越えて! 快適な自転車通勤のために必要なこと




最近は通勤手段として奨励する会社もあるほど、自転車は私たちの生活にとって不可欠な乗り物です。でも一方で、自転車のルール違反、マナー違反から来るトラブルも深刻。それに日本の道は狭くて障害物や死角がいっぱいあり、自分はちゃんと乗っているつもりでも、いつトラブルにあうかわかりません。そこであらためて自転車の交通事故の状況と、事故への備えについて、日本損害保険協会の大坪護さんに聞いてみました。



■歩道は走ってもいい? ダメ?



――交通事故全体のうち、自転車乗用中の事故件数の割合は2007年で20.5%と微増し、2008年と2009年で21.2%とピークに、以降はやや下がる傾向にあります。



「増加した2008年には道路交通法の改正があったため、それをきっかけに自転車事故に対して注目が高まり、認知件数が増加したとも考えられます。その意味では、認知されていない事故が潜在的にもっと存在する可能性があります」



――一既に数字だけではわからないと言えないそうですが、自転車事故に注意しなければならないことには変わりなし。具体的にはどんな事故が多かったのでしょうか?



「急に進路変更したときの安全不確認等による事故が多いようです。次いで、一時不停止、信号無視。また、路上駐車の車の影から飛び出すなど、路駐の多い道路も危険です。



さらに自転車を運転していて十分に注意しなくてはいけないのが、歩道上で歩行者に接触する事故。お年寄りのバッグに自転車のハンドルがからまって引き倒してしまい、お年寄りが重傷を負ってしまったという事故もありました。



ちなみに歩道上の事故は100%自転車側の過失となる可能性が高いんですよ」



――でも、2008年の法改正で自転車は歩道を走ってよくなったのでは? だとしたら五分五分とまではいかなくても、全責任が自転車ということは……。



「車道と同じように『走っていい』わけではありません。あくまで原則は、車道を走らなければならないのです。車道を走っては危ない場合など、歩道を通行することも認められる場合がありますが、そうした場合でも歩道を徐行しなければなりません。場合によっては自転車を降りる必要もあります。



ですから、万一、歩道上で歩行者との間で事故が起きたら、その責任は自転車側が負うことが基本となります」



■通勤での事故、会社の責任は?



――歩道は歩行者が優先ということなんですね。ところで、事故を起こすとどうなっちゃうのでしょうか?



「刑事と民事で責任が問われますが、民事の場合は損害賠償責任となります。自転車の事故を軽く見てはいけません。相手に与えてしまった損害は、自動車の事故でも自転車の事故でも変わりませんから。被害者の治療費だけではなく、慰謝料や逸失利益など損害賠償責任を負うことになります。



例えば、女子高校生が夜間、携帯電話を操作しながら無灯火で走行し、前方を歩行中の看護師(50代)の女性と衝突し、看護師に重大な障害(歩行困難)が残るという事故があったのですが、その賠償額は5,000万円でした」。



――ご、5,000万円なんて払えません……。



「そのためには、個人賠償責任保険をおすすめします。これは単体の保険ではなく、傷害保険や火災保険、自動車保険の特約として契約することができるものです。自動車事故以外のさまざまな対人事故、物損事故が補償の対象なので、自転車を利用される方は、加入を考えてもいいかとは思います」



――ところでもし、通勤途中に事故を起こした場合は、当然、被害者への損害賠償は会社が負担してくれるんですよね?



「これは難しいところです。明らかに業務中の事故であれば、会社に責任を問うことも可能ですが、ご自身の意思で自転車通勤するのであれば、自己責任になるものと注意したほうがいいでしょう」



経費削減ができて、エコで健康的な自転車。でも、相手にケガをさせたり、自分が死んでしまっては、全然エコではなくなっちゃいます。ルールを守る、いざというときの備えをしておく、の2刀流で理想の自転車ライフを目指しましょう!







大坪護

一般社団法人日本損害保険協会 業務企画部自動車・海上グループ・グループリーダー



(OFFICE-SANGA 平野智美)