アシックスが、東京マラソンとの初コラボシューズを限定4,219足で発売

写真拡大

アシックスは1月25日、ランニングシューズ「GT−2000 TOKYO(ジーティー2000トウキョウ)」の予約受付を開始した。

同商品は、東京マラソン(主催:一般財団法人東京マラソン財団)と初めてコラボレーションしたマラソンシューズで、東京マラソン財団公式クラブ「ONE TOKYO」のウエブ会員向けに限定販売されるもの。

初代の発売から20代目を迎えた、より快適に走れる機能を追求したランニングシューズ「GT−2000 NEW YORK(ジーティー2000ニューヨーク)」が原型。

日頃のトレーニングから大会まで幅広く使える高機能モデルで、着地してから蹴り出すまで安定した足運びで体重移動ができるようにしながらクッション性を高めているという。

ブラックが基調の引き締まった印象のメッシュをベースに、来春のカラートレンドのブルー系とライムでアクセントをつけたオリジナルカラーを採用。

また、かかと部などに「TOKYO」の文字の刺しゅうや東京マラソンのロゴを付け、中敷きには東京マラソンのコース図を描いている。

1月18日から「ONE TOKYO」プレミアムメンバーに向けて先行して予約受付を行い、1月25日からは「ONE TOKYO」全メンバー対象の予約の受付を開始している。

希望小売価格は1万2,999円で、販売足数はフルマラソンの距離にちなみ4,219足限定となる。