人生で一番苛烈な40代!

写真拡大

■オレにしかできない仕事を見つける

「人生忠臣蔵説」をご存じだろうか。歌舞伎の仮名手本忠臣蔵は序段から11段目まである。各段の段数を2乗した数に等しい年齢が、人生の節目になっているというものだ。だから、40代とは7段目にあたり、8段目で経営者になる人生劇の前幕となる。

私は38歳のとき、8ミリビデオテープを世に送り出した。いま振り返ると、あのころが技術屋としてのピークだった。それから職種が変わり、芸風が変わって、研究開発のマネジメントをはじめた。それまで自分がエンジニアとして手がけていた磁気記録とは、異なる分野も手掛けることになった。

40代でエポックメーキングな出来事は、42歳と49歳のときに起こった。42歳のときは、初めて故郷から離れた。ソニーに入ってからも、故郷の仙台で研究開発をしていたが、アメリカのアラバマの工場に赴任することになったのだ。自分のコアコンピタンスは研究開発だと思っていたので、「なんでオレが」という思いがあった。ただ、私の美学からいって、人事についてはぐずぐず言わないことにしていたので、「行きます」と、即答した。

無我夢中で働いて、45歳で東京に戻ってきて、ビデオテープの事業部長をやっていた49歳のときに倒れた。日大板橋病院に担ぎ込まれて、36時間くらい意識不明になり。生死の境をさまよった。その後数カ月の入院生活で、病院の窓から外を眺めながら、もう会社には戻れないと思っていた。

それまでの自分に自信を与えていたのは、誰よりも無茶苦茶に働いたということ。価値観でいえば、「撃ちてし止まん」、倒れてもやるぞ、だ。にもかかわらず、周囲からは妬みもあるのか「あいつは要領がいい」と見られていたようだ。だから、本当に倒れてしまったときは、要領がいいと見られていたことに対して、ある意味で見返すことができた。ほっとして、勲章みたいに感じた。

入院中、自分の人生をビデオテープのようにFF(早送り)して振り返った。そうしたら、忠臣蔵で言えば「おお、何段も残っていない」とわかった。例えば、読書にしても、よく退職してからは晴耕雨読で、無限に本が読めるように言うけれども、あれは嘘で、読める本の数は決まっている。とすれば、きちんと選ばなくてはいけない、と。いろいろ考えて、自分の父が亡くなった78歳までを自分の残りの人生のバジェット(予算)と決め、仕事をもう1回しようと思い直した。

さらに、死にかけたおかげであまり怖いものがなくなったような気がする。欲しいものがなくなって、すーっと欲が抜けたような感じがした。

その後52歳で執行役員になるのだが、そのときは「もし役員でなくなったら、オレに何ができるか」と考えて、不安だった。「オレにしかできないという仕事の選択肢が2つ、3つは欲しい」。そう考えて、環境問題、品質問題ならだれにも負けないということを見つけたときには、憑き物が落ちたような開放感があった。

とにかく40代というのは、人生でも大変なときで、仕事でもプライベートでも、いろいろな問題が並行して一遍に押し寄せてくるのだ。

まとめると、40代というのは、それまで自分が手がけてきたフィールドではベテランだが、マネジメントという分野では「超新人」。それは新しい体験だから、面白おかしくて、のめり込む。その一方で、一段、一段責任が重くなっていき、一種の倦怠感みたいなものも生まれる。その倦怠感とチャレンジ精神のバランスをうまくとることが肝要だ。

----------

ソニー副会長 
中鉢良治 
1947年、宮城県生まれ。東北大学工学部博士。77年、ソニー入社。99年、執行役員。2005年、社長。09年より現職。

----------

(ソニー副会長 中鉢良治 構成=原 英次郎 撮影=奥谷 仁)