梨花ジュエリーブランド「ジュピター」退任 新ブランド展開へ

写真拡大

 梨花が、ジュエリーブランド「jupiter(ジュピター)」のディレクションから退くことを自身のブログを通じて発表した。今後は新ブランド「Laditte」を立ち上げ、自身がディレクターを務めるライフスタイルショップ「MAISON DE REEFUR(メゾン ド リーファー)」で販売するという。

梨花「ジュピター」退任の画像を拡大

 2006年にデビューした「jupiter」は、ゴールドをベースにしたデザインが特徴で、2010年5月からは梨花の結婚をきっかけにブライダルライン「HISTOIRE(イストアール)」も展開している。「jupiter」は、代官山の路面店をはじめ、ファッションビルや百貨店に出店している。

 梨花は12日付けのブログ「ご報告!」で、「新たにスタートしていくものもある中 今の自分にとって抱えられるキャパの大きさの限界を知ったのも事実です。自分なりに考えた結果 とても大きくなった『jupiter』を卒業して『Laditte』というブランドとして数すくなく不定期にはなってしまいますが 少しずつデザインしていけたらとおもいました...。始めは直営店はなく、『MAISON DE REEFUR』の一角に置いていただく形のみのスタートとなりますが ここに報告とさせていただきます。」と綴っている。発売は、4月上旬を目標にしているという。

 梨花は昨年4月、自身が初めて手がけたショップとして代官山に「MAISON DE REEFUR」をオープン。「MAISON DE REEFUR」は現在リニューアルが予定されており、2月15日から休業後、3月1日にオープン。「Laditte」も発売後はリニューアル後の店内に並べられる。

■Rinka Happy Life
 http://www.smooche.jp/rinka/