アウディ「TT RS プラスクーペ」(ミサノレッドパールエフェクト)

写真拡大

アウディ ジャパンは2013年2月12日、コンパクトスポーツカー「TTシリーズ」のトップモデル「TT RSクーペ」の装備や仕様を一部変更した「TT RS プラスクーペ」を発売した。全国希望小売価格は890万円。

360馬力発揮のターボエンジン搭載

直列5気筒TFSIガソリン直噴ターボエンジンを搭載し、最高出力は「TT RS」より20馬力増しの360馬力に。最大トルクは15ニュートンメートル高まり465ニュートンメートルを発生する。これに7速Sトロニックトランスミッションとquattro(クワトロ、フルタイム4WDシステム)を組み合わせた。

0-100キロ毎時の加速タイムは0.2秒短縮され4.1秒となり、歴代「TT」で最速となっている。燃費は従来同様に10.0キロ毎リットル(JC08モード)を達成した。

インテリアには、ブルートゥース対応でスマートフォンとの連携機能を追加したDSRC(ITSスポット)対応のSDナビゲーションを採用した。エクステリアには、ハイグロスブラックダイヤモンドデザインのグリルとマットアルミニウムのフレームを組み合わせたシングルフレームグリルや、カーボンのアウターを用いたエクステリアミラーなどを採り入れた。