ドラマ『Pure Soul〜君が僕を忘れても〜』ハリウッド・リメイク決定

2001年に読売テレビ・日本テレビ系で放送された永作博美・緒形直人主演のドラマシリーズ『Pure Soul〜君が僕を忘れても〜』がハリウッドでリメイクされ映画化されることが決まった。

【関連:皇太子殿下がご臨席、「レ・ミゼラブル」試写会にヒュー・ジャックマンらが緊急再来】

 

監督は昨年のサンダンス映画祭受賞作『ザ・セッションズ(原題) / The Sessions』で注目を集めたベン・リューイン(Ben Lewin)。スコットピクチャーズ(Scott Pictures)が制作と出資を担当する。
『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』で、2007年のエミー賞助演女優賞を受賞したキャサリン・ハイグル(Katherine Heigl)の出演も決定。

『Pure Soul〜君が僕を忘れても〜』は2004年には韓国でCJエンターテイメント(CJ Entertainment)プロデュースにより『私の頭の中の消しゴム』としてリメイクされ大ヒットを記録している。

若年性アルツハイマーに侵された妻を愛し続ける殊玉のラブストーリーは、日本、韓国をはじめとしてアジア中に号泣の嵐を巻き起こした。
このストーリーが、ハリウッドでどのように生まれ変わるのか?今から完成が待ち望まれる。

その他、『Pure Soul〜君が僕を忘れても〜』の企画プロデュースをつとめた木村元子(ドリームプラス株式会社)が韓国でのリメイクに続き、ハリウッドでのリメイクにも共同プロデューサーとして製作に参加することが決定している。

なお、ドリームプラス株式会社では、他に現在2企画をハリウッドで進行させている。今後も日本ドラマ、映画、小説、マンガなどのハリウッドでの制作に意欲的に取り組む予定を示しており、リメイクに向いた企画も募集している。