ファミマと中小企業庁がコラボ! 「下請かけこみ寺」連絡先入りおむすび発売

写真拡大

ファミリーマートは12日、「マヨったらおむすび」を東海地方(愛知県、岐阜県、三重県、一部を除く静岡県)、北陸地方(富山県、石川県、福井県)、関西地方(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)のファミリーマート店舗約2,600店で販売した。

同商品は中小企業庁と連携し、「下請かけこみ寺」の連絡先をパッケージに印刷したおむすび。

「下請かけこみ寺」は、中小企業の取引に関するさまざまな悩みに対応するための無料相談窓口で、中小企業庁委託事業となっている。

実際に手にとってもらえる“おむすび”のパッケージに下請かけこみ寺の連絡先をデザインすることで、PRを強化し、気軽に連絡してもらえるようしたという。

具材はたらことマヨネーズを合わせ、「迷ったら……」という意味も掛けて「マヨったらおむすび」と名付け、目を引くネーミングとした。

中小企業の所在数が比較的多い大阪府や愛知県を含む、東海・北陸地方と関西地方限定にて発売する。

粒感のあるたらことマヨネーズを別々にトッピングし、W具材おむすびの製法で仕立てた。

海苔が既に巻いてある”直巻”タイプとなっている。

価格は110円。

なお、中小企業庁がコンビニエンスストアと連携したPRを行うのは、今回が初めて試みとなる。