ファーストリテイリングが2月13日、インドネシア共和国におけるユニクロの店舗出店を通じた事業展開のため、三菱商事と合弁会社を設立することを発表した。1号店の出店は、2013年夏を予定している。

ユニクロがインドネシア進出の画像を拡大

 インドネシア・ジャカルタ市に設立する合弁会社PT. FAST RETAILING INDONESIA(ファーストリテイリング インドネシア)は、ファーストリテイリングが75%、三菱商事が25%を出資。代表者は、ファーストリテイリング グループ上席執行役員の大笘直樹氏が務める。資本金は10億円。

 三菱商事は1954年よりインドネシアでの事業を開始し、現在43社の事業投資先を保有。ファーストリテイリングは三菱商事と組むことで今後、「両社のノウハウを最大限に活用し、早期の事業拡大を図っていく」としている。

 ファーストリテイリングと三菱商事はタイにおいても合弁会社を2011年に設立しており、2013年1月末時点でユニクロ6店舗を出店している。なお、2002年からアジアにおけるユニクロの出店を開始したファーストリテイリングは現在、中国、香港、韓国、台湾、シンガポール、マレーシア、タイ、フィリピンに店舗網を拡大し、アジアで338店を展開している。

■ロッテ ショッピング アベニュー
 住所:Jl. Prof Dr. Satrio kav 34 - 35, ジャカルタ 12940