ベンチャー企業と飲食店舗が、Webサイト制作と食事を”物々交換”!?

写真拡大

カップル専用SNSアプリ「Pairy(ペアリー)」を運営するTIMERSは、ベンチャー企業の”技術やアイデア”と地域の飲食店の”まかない”を物々交換する公募型プロジェクト「まかないプロジェクト」を実施。

応募店舗の中から、都内に複数の飲食店舗を展開している「Dinner Rush」をパートナー店舗に決定し、2月15日から物々交換をスタートさせる。

同プロジェクトは、社食を持てないベンチャー企業の技術やアイデアと、地域に根ざした飲食店のまかないを”物々交換”し、期間限定の社食を手に入れようというもの。

2012年11月より募集を開始し、ITベンチャー企業と地域コミュニティーの新しいつながり方を模索する、実験的な取り組みとして展開してきた。

同社では、今後半年間(8月14日まで)、仮の社食としてまかないの提供を受けながら、「Dinner Rush」のWebサイトを提案・制作していくという。

なお、海外や他地域のベンチャー企業から「同様の取り組みを行いたい」という声が多数寄せられたことを受け、企業・個人へプロジェクトロゴを配布する「誰でもまかないプロジェクト」のページを同時に公開している。