若手社員から40代社員まで愛読。2012年のビジネス書1位の本とは?

写真拡大

単行本の出版ならびに小売店への卸事業のディカバー・トゥエンティワンは、2012年度に出版されたビジネス書ランキングで1位を獲得した、河野英太郎氏の著書「99%の人がしていなかった1%の仕事のコツ」を販売している。

価格は1,470円(208ページ)。

同書では、「聞かれたことに答える」や「要点を先に言う」などの基本的な項目をはじめ、仕事で使える「87のコツ」を紹介している。

著者の河野氏は、社内でプロジェクトを進めているとき、毎朝チームメンバーにメールを配信していた。

このメールには、「連絡がうまくいかない」などの問題を解決する「ティップス」(コツや小技のこと)が書かれており、こういった仕事の現場生まれた内容が同書の原型になっているという。

また、「取りあえず、この資料を見てください」ではなく、「まず、この資料を見てください」と伝えたり、「ちょっと良いですか?」と聞くのではなく「5分よろしいですか?」と聞くなど、すぐに実践できることがつづられている。

「まじめに仕事をしているのに、なぜか報われない」といった悩みをもつ、若手社員をターゲットに出版された同書。

予想に反して、読者の半分以上が30代から40代となり、”いまさら人には聞けない基本的なこと”が書かれた内容から、管理職の立場になった中堅社員の「学び直し」としても読まれているとのこと。