”ニコニコ超会議2”今年も鉄分で溢れかえる「超鉄道エリア」追加情報まとめ

写真拡大

4月27日(土)、28日(日)に千葉県・幕張メッセで開催される超巨大イベント「ニコニコ超会議2」。

同イベント内で多くの鉄道ファンから人気を博している鉄道企画「超鉄道エリア」の新情報が発表された。

「超鉄道エリア」は、前回の「超会議」でも鉄道ファンから好評を集めた鉄道企画であり、今年も「大阪-上野」間でブルートレイン「ニコニコ超会議号」を運行するほか、JR東日本の全面協力を得て、新幹線200系とE1系の2台の公開解体買付けショーを開催。

「超鉄道エリア」には東西の鉄道会社が集結し、各社の展示ブースや即売会を行う「鉄道縁日」も開催され、そのほか約60体制作されている「鉄道むすめ」の原画及びフィギュアが全国から集合し、一挙に展示する。

まず、各鉄道会社のグッズが勢ぞろいする「鉄道縁日」では、各鉄道会社が「超鉄道エリア」にて各鉄道会社のグッズやニコニコ超会議のみの限定グッズを販売される。

今回は、新たに東武鉄道、西武鉄道、阪急電鉄、京浜急行電鉄、アイ・テック阪急阪神の出展が決定。

「鉄道縁日」にて購入できる限定商品としては、JR九州はICカード「SUGOCA」のニコニコ超会議限定デザイン台紙付き、小田急電鉄は各種グッズ、東京メトロはグッズの先行販売、阪急電鉄は京都ラインの関連商品やヘッドマーク、運行標識板のオークションを計画しているという。

また、JR九州と小田急電鉄は制服を着用しての写真撮影会も予定されている。

現時点で、参加が決定している鉄道会社は以下のとおり。

・東武鉄道・西武鉄道・阪急電鉄・京急電鉄・アイテック阪急阪神・音楽館・小田急電鉄・京阪電鉄・JR九州・東京メトロ・トミーテック4月27日(土)にJR東日本の全面協力を得て行われる新幹線200系とE1系の2台の公開解体買付けショーでは車両基地と幕張を中継で結び、会場で新幹線パーツの限定販売を行う。

販売商品は、乗務員室扉窓、連結器カバー、座席座面、トイレ表示板、圧力計、電流計、車号外板などを予定。

そして、全国各地に約60体制作されており、今回「超会議」に集結する「鉄道むすめ」からは、各鉄道事業者の監修を受けた「鉄道むすめステーションポスター」を販売に加え、新作の販売も企画されているという。

また、各鉄道事業者の鉄道むすめキャライラストを使用し、トレインマークが切り替わる「鉄道むすめトレインマークキーチェーン」は、4月末発売直後の新製品の販売も予定されている。

今年も「大阪-上野」間で運行されるブルートレイン「ニコニコ超会議号」は、超会議特別ツアー「向谷実と行く、超会議特別列車の旅」と題し、4月26日(金)大阪駅19:00〜19:30発を予定している。

上野駅着は翌日27日(土)。

チケットには「超会議号特典」としてすでに「途中下車撮影可能(20分間)」「超会議優先入場券」「”公開解体買付けショー”の入場券を優先確保」が発表されているが、今回新たに「鉄道縁日で販売される商品を車内で事前購入可能」が加わっている。

ツアーの概要、チケット販売詳細は以下のとおり。