デスク周りを″おいしく″楽しく!思わず食べたくなる「食べ物文具」5選

写真拡大

最近、様々な文房具が密かに人気を集めています。その理由のひとつが「針のいらないホッチキス」や「刃先でも切れるハサミ」などの高性能文房具などの登場によるもの。普段よく使うものなだけに、機能を重視する人を中心に人気の品となっています。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

しかし、今回紹介するのは”機能重視”ではなく”見た目重視”な人のための文房具。しかも、デスクではなく思わずキッチンに持っていってしまいそうなユニークな「食べ物文具」を紹介します。もちろん食べることはできません。

これらの「食べ物文具」のいいところは、見た目の可愛さもさることながら、デスクに置いてあるだけで周りの人たちとの会話のきっかけにもなるというところです。上司や同僚とのコミュケーションツールとしても役立ちます。もちろんプレゼントしても喜ばれるのではないでしょうか。

憂鬱なデスクワークを一気に楽しいものに変えてくれそうな”美味しそう”な文房具たち。今回はオススメ「食べ物文具」を5つ紹介します。

■・キャラメル消しゴム

懐かしい箱に入ったミルクキャラメル。仕事中にひと粒摘んでしまいそうなこちらの商品、実は消しゴムとなっています。ひと粒ずつ紙に包まれており本物そっくりな作りとなっています。デスクに無造作に置いてあれば、上司が間違えて食べてしまうかもしれないので取り扱いにはご注意を。amazonなどからも購入できます。

■・イワシの缶詰クリップ

お酒のお供に大人気のイワシの缶詰。可愛いイラストのフタを開けるとそこには魚のカタチをしたクリップが入っています。本物のイワシ缶と違い、何度もフタの開け閉めが可能。クリップを使いきったあとは小物入れとしても使えそうです。クリップは30個入りで840円となっております。

■・マヨネーズ&ケチャップ修正テープ

お弁当などに良さそうな小さめのマヨネーズとケチャップ。キャップ部分を取り外せば修正テープとして使うことができます。デスクの横にセットで並べておきたくなりますね。パッケージ袋のデザインも可愛いく仕上がってるので、使うのがもったいなくなりそうです。こちらのサイトではひとつ189円での販売となっています。

■・ホッケの開きペンケース

リアルな魚が机の上に!と思いきや、魚の絵がプリントされたペンケース。ホッケのケースなので『ホッケース』という名前がついています。完全にダジャレからの発想です。しかしホッケと言えばやはり「ホッケの開き」ということで、このペンケースの中を見てみると、そこには美味しそうなホッケの開きがプリントされています。他にも「アジ」や「金目鯛」もあるのでチームのみんなで持つのも楽しそうです。

■・豆腐ふせん

そして最後はお豆腐。スーパーに並んでいてもおかしくない豆腐の容器ですが、中に入っているのは豆腐ではなく”付箋”。オフィスにはかかせない文房具です。しかも面白いのが「絹ごし」はしなやかな紙、「木綿」はすこしエンボス加工が入った紙を使い木綿の風合いを表現しています。他にも薄い黄色の紙を使った「たまご豆腐」やうっすらとグレー色の「ごま豆腐」もあります。全種類そろえたくなりそうです。


いかがでしたでしょうか。実際、文房具などの消耗品は会社の備品としてタダで使うことができます。しかし、このような文房具を使って日頃のデスクワークを楽しくするのも、ひとつのアイデアではないでしょうか。

しかし、いくらコミュニケーションツールにも使えるとはいえ、デスク周りが「食べ物文具」だらけになってしまうと上司に目をつけられてしまうかもしれないので注意して下さい。

探せば他にもいろいろと出てくる「食べ物文具」。あなたのデスク周りを”美味しく”してくれそうな物はありましたか?

こちらのレポートもどうぞ!
今年は、昭和なら88年! かわいい「懐かし文房具」もう一度集めてみました [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/11870 ]
文具ファン&メーカーが選んだ!『文具祭り』で発見した最新イチオシ文具22まとめ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/11113 ]
自作する人も続出! 洗濯バサミの"オシャレ化"が止まらない [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12127 ]
もはや芸術品!外国人もうなった、日本生まれの職人的ガジェット「きせる」の魅力 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/11809 ]