東京都江東区「日本科学未来館」で、2/9から人気作品のリバイバル上映!

写真拡大

日本科学未来館は、2月9日より“リバイバル”上映会を行っており、2月23日には「大人のナイトミュージアム」を開催する。

“リバイバル”上映会は、過去に上映された人気作品を1階企画展示ゾーンbの大型平面スクリーンで“リバイバル”上映するもので、2月9日〜25日 、3月6日〜31日に開催する。

上映作品は、「Young Alive!〜iPS細胞がひらく未来〜」、「FURUSATO 宇宙からみた世界遺産」、「宇宙エレベータ〜科学者の夢見る未来〜」。

いずれも定員は100席。

予約不要で入退場自由。

入場料は無料。

上映時間などの詳細は日本科学未来館公式サイトで案内している。

同館では毎月最終土曜日に特別夜間開館を行っており、2月23日は「大人のナイトミュージアム」を開催する。

当日は、最先端の観測結果などから導き出された「宇宙」を、3D映像で旅をする「4D2U 〜spacewalk〜」を大人向けの特別バージョンで上映する。

また、超伝導体をテーマにした「大人の実験教室『超伝導』」も開催。

そのほか、アーティスト寺田克也氏が描いた隠された壁画を特別に公開、サイエンス・ミニトークも開催する。

ドームシアターでは、故忌野清志郎さんがナレーションとエンディングテーマ曲を担当している全天周映画「アースストーリー 〜恐竜の進化とヒトの未来〜」を特別上映する。

「大人のナイトミュージアム」は、2月23日の17時〜21時。

料金は大人600円(年間パスポート会員・クラブMiraikan会員、および18歳以下は無料)。

通常開館時のチケットで、そのまま夜間開館も観覧可能。

詳細なプログラム内容等は、日本科学未来館を参照のこと。