京都の京福電鉄一帯が舞台! ウォークラリー体験付き観光宿泊プラン発売

写真拡大

京都市下京区にある三井ガーデンホテル京都四条は、「仮面ライダーウィザードGPSエンターテイメント」を運営する、京都太秦ゲームフェスタ実行委員会と連携し、ウォークラリーとセットになった体験付き観光宿泊プランを販売する。

「仮面ライダーウィザードGPSエンターテイメント」は、ゲーム・コンテンツの新しい活用方法の可能性を提案することを目的に実施されているもの。

テレビ番組「仮面ライダーウィザード」と、太秦に拠点を構える若手コンテンツクリエーター・映画監督、京福電鉄(嵐電)や大映通り商店街、地域の商店などの地域資源が連携している。

今回のウォークラリーは、市内中心部から嵯峨嵐山までの京福電鉄(嵐電)沿線一帯が舞台。

路面電車に乗って、京の名所に隠されたクイズを解いてまわり、スマートフォン上のウィザードとともにモンスターを倒していくという。

ウォークラリーで使用できるスマートフォンは「iPhone(iOS4以降のもの)」「アンドロイド(一部機種)」限定。

詳しくは「京都太秦ゲームフェスタ」で確認できる。

宿泊対象期間は2月8日から3月30日まで。

料金は2名料金が4,100円から(1人あたり)、3名料金が3,800円から(同)となる。

なお、「仮面ライダーウィザードGPSエンターテイメント」スタートキット(1室ごとに原則1枚)、「京福電鉄(嵐電)1日乗車券(路線・周辺地図付き)」(1名ごとに1枚)がプレゼントされるとのこと。