シールを上手にはがしたい時の対処法

写真拡大

子どもはなぜ、あんなにシールが好きなのでしょう。

子どものいる家庭ではタンスや机の引き出し、気づいたら窓や扉、椅子の脚にまでシールが貼られていた…なんていうこともあります。

そんな子どもがいる家庭では、シールはがしに家事の時間が長くとられるとイライラがたまってしまうことがあります。

「子どもはシール好きよね」と割り切れるようになる、簡単なシールはがし方法をご紹介したいと思います。

■ライター用のオイルで、シール跡が拭きとれるシール表面ははがすことができても、なかなかとれないのがシール跡です。

このシール跡を拭き取るのには、ライター用オイルが効果を発揮してくれます。

シール跡にライター用オイルをしみこませ、布でふき取るだけできれいになります。

ただし家具や家財が油によって変色する場合もありますので、目立たない場所で試し拭きしてから利用するようにしましょう。

またシール跡をふきとった後は、オイルが残らないように、ティッシュでしっかりふき取ることも大切です。

■ハンドクリームをシール跡に塗り込むハンドクリームをシール跡に塗りこみ、時間を置いてからこするとはがれやすくなります。

ハンドクリームを塗りこむ前に、ドライヤーで温めるとシールの粘着力が弱まり、はがしやすくなるようです。

ドライヤーとセットで使ってみるとよいでしょう。

■シール跡を、消しゴムでゴシゴシ擦るプラスチック素材のものに貼られているシールであれば、消しゴムが効果を発揮してくれます。

ドライヤーでシール跡をはがしやすくしたあとに、消しゴムでゴシゴシこすってみましょう。

■酢を染み込ませ、時間を置いてからこする酢の成分は、シール接着面に使われるのりのデンプン成分を分解しやすいため、シールを貼って間もないような場合には酢を使うのが効果的です。

シール跡に酢を染み込ませておき、しばらく置いたら、消しゴムや布でシール跡をこすってみましょう。

■中性洗剤をつけて、時間を置いてからヘラなどでこする家庭用の台所用中性洗剤をシール跡にふくませて、ラップで覆いましょう。

しばらくしてから、ヘラなどでこすればシールをはがしやすくなります。

■耐熱ガラスや食器類にはってあるシールなら、煮沸でも耐熱ガラスのコップや食器類についている値札シールをはがしたいという場合には、大きなお鍋で煮沸するとシールが簡単にはがれやすくなります。