東北温泉巡りの新婚旅行

写真拡大

温泉大国でもある日本には、数々の有名な温泉があります。

中には知る人ぞ知る『レア秘湯』も。

今回は新婚カップルにオススメな、「温泉めぐりの新婚旅行by東北編」をおおくりします。

■東北の温泉シーズンは秋!冬なら山形の蔵王がオススメ東北は、温泉が非常に多い地域ですが、秋は紅葉と温泉の両方が楽しめるため最高のベストシーズンになります。

この時期しか食べられない食べ物に出会える可能性も。

また、山形県の蔵王温泉はすぐ近くにスキー場があるため、冬にはスキーと温泉の両方を楽しむ観光客が多いのが特徴。

宿も多いため、毎日違ったところに泊まるのもいいでしょう。

ただし、山の奥地などは雪深くなり、冬季通行止めとなる道路も多くあります。

寒い冬だからこそあたたかい温泉に入りたいという方も多いかもしれませんが、雪道に慣れていない場合は危険が伴いますので注意が必要です。

山形県 蔵王温泉スキー場■7つの宿、7つの湯をめぐれる、秋田の乳頭温泉乳頭温泉には宿は7つあり、それぞれ効能や泉質に特徴があるため、すべて違った湯が楽しめます。

温泉めぐりをするには絶好の場所です。

宿泊料金は一万円前後とどこもリーズナブルで、日帰り入浴も楽しめます。

宿間を行き来する『乳頭温泉郷湯めぐり号』もあり、移動も快適です。

乳頭温泉組合■部屋にもこだわりたいなら、宮城県の秋保温泉宮城県の秋保温泉は、全国的にも有名な温泉のひとつで、伊達政宗が入浴したともいわれています。

大人数が宿泊できるハイクラスな宿もかなり多いため、新婚旅行には最適なエリアといえるでしょう。

宮城県秋保 秋保温泉旅館組合公式HP■岩手の花巻温泉郷で温泉と観光を楽しむ花巻温泉や台温泉など、10以上の温泉があるのが花巻温泉郷の特徴です。

作家の宮沢賢治ゆかりの地としても有名で、観光スポットも多いため見どころは多く、時間をかけて楽しむことができます。

花巻温泉郷の温泉旅館・ホテル一覧■自然を満喫したいなら福島の岳温泉福島の岳温泉は、隠居中の水戸黄門が訪れたと伝えられている名湯です。

周辺には自然散策ができるウオーキングコースなどがあるため、のんびりしたい方にはオススメです。

またゴルフ場やスキー場もあるため、レジャーも楽しめます。

岳温泉観光協会 福島県二本松市 あだたら高原■距離が気にならなければ、青森の浅虫温泉青森には、桜がきれいな弘前城、観光物産館のアスパムなど見どころが多いです。

しかしながら、青森は東北の中でも他県とかなり離れているため、青森単体で訪れたほうがゆっくり楽しめるでしょう。

浅虫温泉は青森の中でも一大リゾート温泉で、近くには海水浴場もあります。

家族連れも多いですが、時期を調整すれば新婚旅行には最適です。

浅虫温泉いかがでしたか?新婚旅行で東北の温泉を選べば、かなり充実した内容になること間違いなしです。

ぜひすてきな温泉めぐりの旅を楽しんでくださいね。