レディー・ガガ、アシスタントに「添い寝」を要求!? 写真:thesun.co.uk

写真拡大

英<ザ・サン>紙が報じるところによると、レディー・ガガが、アシスタントの女性にツアー中に"添い寝"を強要していたことが、申し立てにより発覚した。

アシスタントのジェニファー・オネイルさんは、225,000ポンド(約3,300万円)程の残業代が未払いであるとしてガガを訴え、この世界的ポップスターは"ひとり寝"が好きではないようだった、と暴露したのだ。

この2人はセックスをした訳ではないが、ジェニファーさんは"ボス"のベッドで共に寝ることを、「断る」という選択の余地がなかったと感じたという。

ジェニファー氏は、「当時のツアーでは他のみんなと違って、私だけホテルの部屋がなかった。ホテルで自分の部屋が必要か? と尋ねられてさえいないわ。プライバシーが全くなかったってことよ」と話す。

ちなみに本名のステファニー・ジャーマノッタとして訴えられているガガは、ジェニファーさんの"残業"に関する申し立てについて、ニューヨークで論争中である。


(参照元: