自分でつくるラコステポロシャツ Facebookで販売

写真拡大

 「LACOSTE(ラコステ)」が2013年に創業80周年を迎えたことを記念して、Facebook上で自分でカスタムできるポロシャツキットを販売している。異なるデザインの全12種類を1ヶ月に1種類ずつ発売。布用染料や、ブラシ、フェルトなど、ホワイトのポロシャツとともに各デザインを完成させるのに必要なツールがセットになっている。

自分でつくるラコステポロ発売の画像を拡大

 2013年1月より展開をスタートしたカスタムポロシャツキットは、毎月1つのデザイン、SからLの各サイズ12キットのみを販売している。1月は創始者René Lacosteに対する敬意を表現した「TRIBUTE TO RENÉ」。定番の「L.12.12」の半袖クラシックポロシャツと、布用染料3瓶とレナード合成毛ブラシ2本、差込用保護ボール紙1枚、A3サイズ耐油紙1枚が同包されており、ポロシャツに描かれた番号にそってカラーをのせていくと、イラストが完成する。価格は300ユーロ。
 
 3月12日には、ホワイトの長袖ポロシャツにレザーのアップリケをランダムに縫い付けるデザインのキットを発売。以降も、サイズ違いの円モチーフをアイロンで圧着する「FOILING FOREVER」やスプレーを使用した「ANTI TAG」や「80TH CUP」など、カスタムを楽しめるキットが予定されている。FacebookやYouTubeの公式チャンネルでは、各カスタムポロシャツキットのショートムービーを通じて、それぞれのデザインの仕上げ方を公開。カスタムポロシャツキットの展開と合わせて、Facebookでは80周年を記念した全6種の壁紙がダウンロードできる。

■ラコステ公式サイト
URL:http://www.lacoste.co.jp/univers#/80/polokits