敷金・礼金0円の家って本当に0円?



敷金・礼金0円で入居できるゼロゼロ物件。ここ数年、非常に多く見かけるようになりましたね。このゼロゼロ物件ですが、入居時に本当に余分なお金の支払いはないのでしょうか?



また、退去時に余分にお金が必要になったりしないのでしょうか? ゼロゼロ物件の入居費用について、不動産業者さんに聞いてみました。





――入居時の敷金・礼金が必要ないゼロゼロ物件ですが、入居時に余分なお金が必要になったりしないのですか?



実はゼロゼロ物件というのは、敷金と礼金が必要ないというだけで、ほかの費用が必要となるんです。



――それはどんな名目の費用なんですか?



だいたいはクリーニング代という名目でお金を支払わないといけないですね。これは「敷金の代わり」といいますか、退去時の部屋の清掃などにかかるお金だったり、部屋に何らかの破損などが発生した場合の修理費だったりします。いわゆる担保のようなものですね。ただ、大きな破損が発生した場合は、別途請求される可能性もあるので注意しないといけません。



――クリーニング代というのは、敷金を支払うのと同じなんですね。



クリーニング代の相場は3万〜4万円なので、敷金を普通に支払うよりもトータル金額は安くなります。



普通、入居時に必要となるのは、家賃6万円のワンルームの場合、家賃1カ月分と敷金・礼金がそれぞれ家賃1カ月分、仲介料も1カ月分と考えて、最低でも24万円が必要となりますよね。



そこから礼金分がなくなり、敷金分も多少は少なくなりますから、15万〜16万円ぐらいで済みます。



――従来の敷金礼金が必要な物件よりかは、確実に入居時の費用が安く済むんですね。



もちろん、「敷金・礼金はいらないけど実はクリーニング代が高い」という物件があったり、鍵の交換費用などの諸費用がかかるケースもあります。あくまで「敷金と礼金が0円ですよ」という物件なので、それ以外の費用を請求される可能性はありますよ。



――安易に敷金・礼金がかからないから、という理由で不動産屋に行くと、話が違うということも起こりうるんですね。



そうですね。その場合は絶対に契約をしない方がいいですね。もし契約してしまうと、その条件で承諾したことになるので、後になって「話が違う!」と言っても遅いですから。



――しっかりと契約内容を確認することが大事ですね。





安価なイメージのあるゼロゼロ物件ですが、敷金・礼金以外の部分でさまざまなお金が必要になることがあるようです。基本的には、従来の物件より入居時のお金が少なく済みますが、中には逆に高くなってしまうケースもあるそうなので、気をつけたいですね。



(貫井康徳@dcp)