【女性編】バレンタインデーでチョコレートをもらえない男性にありがちなふるまいランキング


男性はとてもナイーブになる日





街中がチョコレートであふれるこの季節。恋する女性にとっては、1年で最も大切な1日ですね。愛の告白でドキドキする女性に対して、もらう側の男性は、とてもナイーブになってしまうもの。思わぬ行動をとってしまうようです。そこで、マイナビ女性会員549名に、チョコレートをもらえない男性にありがちなふるまいを教えていただきました。





Q.バレンタインデーでチョコレートをもらえない男性にありがちなふるまいと思うことを教えてください(複数回答)

1位 「義理チョコはお返しが大変だからいらない」という 25.3%

2位 聞かれてもいないのに「別に甘い物嫌いだから」とつぶやく 21.3%

3位 「バレンタインデーは企業が作ったイベントだ」という 19.1%

4位 ソワソワしている 17.9%

5位 仕事が終わってもなかなか帰らない 13.5%







■「義理チョコはお返しが大変だからいらない」という

・「上司が義理チョコはいらんよーと、1週間くらい前にいつも言う。買う前に言うという気遣い(笑)」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「職場に1人は必ずいる。そんなことを言っているからモテない」(39歳/その他)

・「人気がない男性ほど、見栄を張りがちな気がする」(36歳/生保・損保/事務系専門職)





■聞かれてもいないのに「別に甘い物嫌いだから」とつぶやく

・「あげようと思っても、『じゃああげないよ!』と思うから」(22歳/建設・土木/技術職)

・「チョコをもらえない人ほど、自分好きなのか、プライドの高い言い訳をしそう」(31歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「職場に1人、そんなヒトがいます。なんだか情けないです。オトコならもっと毅然(きぜん)としてほしい」(28歳/その他)





■「バレンタインデーは企業が作ったイベントだ」という

・「その通りだけれど、ちょっと哀愁が漂うこんなコメントをつぶやきそうだから」(28歳/自動車関連/技術職)

・「私もあげる人がいないと、『チョコレート屋さんの策略』と言っているので……(笑)」(30歳/情報・IT/営業職)

・「そりゃ、そうなのだけど、負け犬の遠ぼえにしか聞こえない」(32歳/ソフトウェア/事務系専門職)





■ソワソワしている

・「私には、すべての男性がソワソワしているように見えます」(26歳/生保・損保/事務系専門職)

・「もらえない人に限って、ソワソワしている気がする」(29歳/その他)

・「学生のころなどは、男子が窓際に一塊になっていて、ソワソワしているのが丸わかりだった」(31歳/小売店/販売職・サービス系)





■仕事が終わってもなかなか帰らない

・「意外とその日だけ、職場の残業率が高い」(31歳/学校・教育関連/専門職)

・「授業が終わってからも、残っている人がいました」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「もらえるまで、会社でぶらぶらしているブサ男はウザい。ママにもらえと思う」(37歳/金融・証券/営業職)





■番外編:しっかり見ています、男性の不思議なふるまい

・朝からずっと不機嫌「もらえない人には、うっとうしい日だと思う」(23歳/不動産/技術職)

・女性に優しくする「バレンタイン直前1週間は、同僚の男性社員が皆やさしいと感じる」(29歳/医薬品・化粧品/技術職)

・外出したまま直帰「バンタインデーは、外出の人がなんとなく多い」(25歳/情報・IT/技術職)





総評

トップは「『義理チョコはお返しが大変だからいらない』という」です。こんなことを言われたら、義理チョコさえもあげたくなくなるようです。2位は「聞かれてもいないのに『別に甘い物嫌いだから』とつぶやく」でした。もらえないと思っているから、こんなこと言う。その結果、義理チョコさえもらえなくなってしまいます。





3位には「『バレンタインデーは企業が作ったイベントだ』という」でした。世の中の風潮に対して、一言あるかのように見えますが、もらえないうっぷんをはらしているのが女性はよくわかってらっしゃいますね。4位は「ソワソワしている」。冷静に観察されているようですので、男性陣は何事もないように過ごした方がよいのかもしれません。





5位は「仕事が終わってもなかなか帰らない」。バレンタインデーは残業する人が多くいるように感じられるのかもしれませんね。女性にとっても男性にとっても、いろいろな思いがある日ということなのでしょう。全体として、チョコをもらえない人は、プライドか高いと女性に映っているようです。

文・OFFICE-SANGA 花澤和夫)





調査時期:2012年12月1日〜2012年12月7日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性549名

調査方法:インターネットログイン式アンケート