唐揚げを極めてもっとおいしく! 毎日食べても飽きない味に!!

写真拡大

唐揚げは大好物だ。

外側はサックサク。

中からジュワッとほとばしる肉汁。

考えただけで幸せになる。

そんな唐揚げをもっとおいしくつくる方法として、塩麹を使ったり、塩ヨーグルトを使う方法を紹介してきた。

今回はさらに極めるべく、味を変えてみることにした。

つくってみたのはキムチ味とチーズ味。

これで、ノーマルバージョン→キムチ味→チーズ味→ノーマルバージョン……と無限ループで毎日唐揚げを食べても飽きないぞ!キムチ味材料(2人分)鶏モモ肉 300g / キムチ鍋の素 大さじ4 / 卵黄 1個分 / 片栗粉 適量 / 揚げ油 適量チーズ味材料(2人分)鶏モモ肉 300g / 粉チーズ 大さじ4 / 卵黄 1個分 / 塩 小さじ1/3 / 胡椒 小さじ1/4 / 片栗粉 適量 / 揚げ油 適量つくり方鶏モモ肉は一口大の大きさに切る。

キムチ味は、ポリ袋にキムチ鍋の素と卵黄、鶏肉を入れてもみ込む。

チーズ味は、ポリ袋に粉チーズ、卵黄、塩・胡椒、鶏肉を入れてもみ込む。

それぞれ1時間程度冷蔵庫に入れておく。

キムチ味、チーズ味共にポリ袋に片栗粉を入れ、鶏肉全体にまぶす。

片栗粉を入れる前の時点で液体分が多いようなら、クッキングペーパーで水分を吸い取っておく。

片栗粉は多めにまぶしたほうがサックリ食感に仕上がる。

鍋に油を入れ、170℃になったら鶏肉を入れていく。

油から出す直前に180℃に温度を上げ、カリッと揚げたら完成。