10日、フィギュアスケート四大陸選手権が行われ、SPトップに立った浅田真央がフリーでも130.96点をマーク、総合205.45点で3年ぶり3度目の優勝を飾った。2位には190.08点で鈴木明子が、3位には181.03点で鈴木佳菜子が入り、日本勢が表彰台を独占した。

 フリーの振り付けを担当したタチアナ氏から贈られた純白の衣装に身を包んだ浅田真央。公式練習でも決めていたトリプルアクセルだったが、この日はややスピードに乗り切れず両脚着氷となってしまう。SPよりは全体に動きが重い印象ではあったが、そこをこらえると3回転フリップー3回転ループを決め、危なげのない演技でトータル205.45点という得点を叩きだし、貫禄の優勝を果たした。

 3回転半、また3回転フリップー3回転ループという大技を決められる女子は世界ではまれ。浅田はそれを決められる世界屈指のスケーターと言っていい。しかし今回のトリプルアクセルは回転不足、そして両脚着氷もあって基礎点が下がり、GOEでも減点され得点は3.57点しかもらえていない。また3回転―3回転も回転不足とGOEのマイナスで減点され8.50点。

 フィギュアのジャッジについては以前から問題が指摘されてはいるが、現状の採点法では回転不足の場合、基礎点が引かれる上にGOEでもマイナスされ、難度の高いジャンプを狙う事は非常にリスキーなものになっている。成功したら高得点だが、転倒しなくても回転不足と認知されるだけで難易度の低いジャンプ並みの得点しかもらえないという大きなリスクがトリプルアクセルにはある。

 それゆえ佐藤コーチと浅田真央が全体の技術力、演技力アップに力を入れてきたのは戦略としては当然のこと。おかげで今回も浅田はトリプルアクセルで得点はできずとも、高い演技構成点で楽々と200点越えを果たしている。

 もしもSPのトリプルアクセルで獲得した10.07点が今回も加算されていれば浅田の総合得点は211.95点。今の浅田の技術なら、敢えて難度の高いジャンプに挑戦しなくても200点超えを果たせる力はあるだろう。しかし敢えて難度の高い技にこだわるその姿勢こそ、彼女がアスリートとして際立っていることの証明でもあり見る者を感動させるところとも言えるだろう。

 フリーでは決まらなかったトリプルアクセルだが、ソチ五輪に向けてこの四大陸選手権で解禁したことは非常に大きい。採点競技であるフィギュアスケートにおいては、世界レベルの大会で安定したパフォーマンスを見せているという事実は少なからずジャッジに影響する。浅田の次の舞台、世界選手権は3月14日からカナダで行われる。(編集担当:田村和彦)