中川翔子出演決定! 大増員が発表された「ニコニコ超パーティーII」出演者の中から注目のユーザーを紹介する

写真拡大

ドワンゴは8日、「ニコニコ超パーティーII」出演者お披露目ライブを六本木・ニコファーレで開催し、追加出演者を発表した。

発表となったのは”しょこたん”こと中川翔子を含むニコニコ動画に縁の深い116名。

お披露目ライブの模様と、追加出演者から注目のユーザーを紹介していこう。

まずは超パーティーについてのおさらいだ。

「ニコニコ超パーティーII」は、4月27日28日に幕張メッセで開催されるニコニコ動画最大の祭典「ニコニコ超会議2」と同時開催されるステージライブイベント。

「歌ってみた」「演奏してみた」「踊ってみた」「ユーザー生放送」「ゲーム実況」「VOCALOID」などニコニコ動画の各カテゴリから人気のユーザーが出演し、歌やダンス、トークなどバラエティに富んだパフォーマンスを披露する場である。

第一回開催となった昨年は2日間あわせて約250名の出演者が登場し、観客動員数はのべ1万2000人、ニコニコ生放送視聴者数は約100万人にも達した。

今年もすでに出演者の一部が発表になっていたが、今回の第三弾発表でその数は一気に増え、現在は合計143名の出演が決定している。

では今回発表になった中から注目のユーザーを紹介していこう。

まずはなんといっても「降臨してみた」の中川翔子だ。

「降臨してみた」はニコニコ動画のカテゴリというわけではなく、超パーティーに有名人が参加する際に経緯を表してカテゴライズしているのだが、オタクタレントとしても知られる中川翔子はネットカルチャーにも造詣が深く、ニコニコ動画ユーザーとの親和性も高い。

特に彼女が主題歌を歌ったアニメ「天元突破グレンラガン」はニコ動での人気も高く、数々の二次創作作品が投稿されている。

おそらくニコ動ファンが期待するのもそのあたりではないだろうか。

続いては「ハロ/ハワユ」など数々のヒット曲を生んでいるボカロPの「ナノウ」。

ほえほえPとも呼ばれており、ボカロに歌わせるだけでなくロックバンド「Lyu:Lyu」のギターボーカルとしても活躍する気鋭のアーティストだ。

この日の発表会にサプライズで登場し、ギターで弾き語りを披露したナノウが超パーティー本番でどんなパフォーマンスを見せてくれるのか期待したい。

ボカロPだけでなく、ボカロそのものも出演するのが「超パーティー」の見どころだ。

出演といっても着ぐるみなどではなく、透過スクリーンを使ったCG映像でまるで本当にその場にいるかのように見せるのである。

昨年の超パーティーでは初音ミクをはじめとするボカロメンバーが勢ぞろいし、会場と生放送で大歓声を浴びていたが、今年もすでに発表されていたGUMI、神威がくぽ、Lilyに続き、IA、波音リツの登場が決定。

昨年よりもさらに豪華になった舞台を期待したい。

ニコ動でも1,2を争う人気カテゴリ「歌ってみた」は、今回の発表で一気に出演者が増加した。

特に蛇足、ぽこた、みーちゃん、けったろ、koma’nら人気の歌い手5人からなるユニット「√5」に加え、ハイトーンボイスで昨年も「超パーティー」を盛り上げた鋼兵、癒し系の歌声でニコ動初期から高い人気を誇るhalyosy、thatらの出演が決定したことは、かなりの集客効果につながるのではないだろうか。

そんな歌い手陣を演奏面で支える「演奏してみた」ユーザーも大幅に増員された。

中でも韓国のプロベーシストであるH.J.Freaksの出演はかなりのインパクトだ。

H.J.Freaksはボカロ曲やアニメソングを女装して演奏している動画を主に投稿しており、その見た目とプロならではの圧倒的な演奏技術とのギャップで高い人気を得ている。

かつてカリフォルニア州知事選が行われた際に、候補者の広報がツイートした短縮URLの文字が1文字足りなかったせいで、H.J.Freaksの動画が流れてしまったという喜劇……いや、悲劇は今でも語り草になっている。