『アイドルマスター』のライブイベント「THE IDOLM@STER MUSIC FESTIV@L ON WINTER!!」が2月10日、千葉・幕張メッセで開催され、中村繪里子、長谷川明子、仁後真耶子、浅倉杏美、下田麻美、原由実、沼倉愛美、若林直美、滝田樹里が参加した。

『アイドルマスター』はバンダイナムコゲームスが手がけるアイドル育成ゲームシリーズで、2011年のTVアニメ化、モバゲーで展開中のソーシャルゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ』など幅広い展開を見せている。

今回のライブでは様々な新展開が発表されたので、その内容をまとめておこう。

まずは劇場版『アイドルマスター』の製作が決定。

制作はA-1 Pictures、監督・キャラクターデザインは錦織敦史と、2011年のTVアニメ『アイドルマスター』と同じチームによる完全新作ストーリーが描かれる。

そして、GREEで展開される『アイドルマスター ミリオンライブ!』の詳細も発表された。

同作には「765 MILLIONSTARS!!」と呼ばれる50人以上のアイドルが登場。

天海春香や如月千早といったおなじみのアイドルはもちろん、伊吹翼、春日未来、所恵美、豊川風花、真壁瑞希、松田亜利沙、最上静香といった完全新規アイドルも登場し、すべてのイラストをアニメ『アイドルマスター』のA-1 PICTURESが担当する。

「765 MILLIONSTARS!!」が歌う『アイドルマスター ミリオンライブ!』の主題歌「Thank you!」は4月24日にランティスから発売予定で、キャラクター50名全員が歌唱するグランドオープニングテーマになるとのこと。

今後も「765 MILLIONSTARS!!」のアイドルたちによるCDは順次発売予定となっている。

それでは、多くの驚愕の発表がされたライブの模様をレポートしていこう。

ステージを覆う紗幕にレーザーで出演者の名前が順番に刻まれ、時折スポットライトが描き出す出演者のシルエットに会場のボルテージは高まっていく。

そして、新衣装での「自分REST@RT」でライブはスタート! 2曲目の「Honey Heartbeat」からは、アイマスのフルライブでは新しい試みとなる生バンドが登場して客席の度肝を抜いた。

今回のライブのテーマは「MUSIC♪」。

セットリストは2012年10月に発売されたPSP『アイドルマスター シャイニーフェスタ』新曲を織り交ぜた構成だ。

昨年行われた、作品の集大成となる7周年横浜アリーナライブで歌いきれなかった楽曲を補完する印象があり、仁後が定番曲の「キラメキラリ」に隠れがちな名曲「ゲンキトリッパー」を披露したり、今回は参加していないメンバーの持ち歌である「迷走Mind」や「目が逢う瞬間」、「フタリの記憶」をほかのメンバーがカバーするサプライズもあった。

その中でも注目度が高かったのはライブでは初披露となる『シャイニーフェスタ』楽曲で、「Vault That Borderline!」には滝田が助っ人として参加。

765プロ事務員である音無小鳥役の滝田だが、今回のライブではアイドルたちと色違いのアイドル衣装で躍動感のあるステージングを見せた。

アイマスではレアな生バンドによる演奏で、客席を煽りながらサビのフレーズを繰り返したり、バンドメンバー紹介が入ったりの新鮮な光景も見られた。

底抜けにキュートな「ビジョナリー」は初披露とは思えない盛り上がりで、「edeN」では弦の四重奏がバンドに加わる贅沢な構成を見せた。

ライブ終盤には、浅倉がゲーム『アイドルマスター2』の個別ED曲「First Step」を大会場のライブでは初披露。

演じる雪歩そのものが降りてきたような優しい表情と歌声に、客席からは暖かい拍手が鳴り止まなかった。

ソロのラストは、滝田が新曲「幸」を初披露。

滝田が大切に育ててきた「空」「花」「光」から続く音無小鳥の四部作を締めくくるにふさわしい壮大な楽曲を情感豊かに歌い上げ、大舞台の要の大役を務め切った。