ストレスフルな毎日に心を「調える」禅の生き方を!

写真拡大

仕事もプライベートも「アレもコレも!」って感じで毎日ストレス多過ぎ! そんな日頃の“心の疲れ”をケアできるステキなイベントがふくい南青山291で開催されるこちら、若手僧侶presents“こころのトリートメント”「東京禅僧茶房2013〜美心のすすめ〜」(2月22日(金)から24日(日))。

とはいえあまり自分の生活に馴染みのない禅宗・・・。一体どんなイベントなのか、禅の教えとはどんなものなのかを広報の方にお伺いすると・・・。

「“美しい心”とは“調った心”のこと。禅宗では日常の行いを美しく調えることで、心を調えます。そうして調った心は、おのずと私たちの生き方をも調えてくれるのです。今回のイベントでは『心の戒め方』『心の調え方』『心の安らぎ』という3つのキーワードをもとに、皆様の日常に活かせる、禅の生き方を提言します。ワークショップは『禅僧プロデュース〜毎日できる美心のすすめ〜』と『こころに気がつくゆる坐禅』の2種類をご用意しました。イベント中は僧侶が数名常駐し、仏教の質問にお答えします。お寺に行く機会も法事などに限られている今、仏教の素晴らしさを知って頂き、ストレス社会で摩耗した心を調えるお手伝いをしたいと考えています。また、ワークショップ以外でも『パネル展示コーナー』や『プチ坐禅コーナー』を設けています。予約不要で随時丁寧に坐禅の組み方などご説明します」とのこと。

いつまでも“美心(びじん)”な心でいるためにも、自分と向き合うためにも1人で出かけてみてはいかが? ワークショップは事前予約が必要。締切は2月14日(木)だから急いで!