就活中や転職希望なら必読!今なら85円セール! 「うちの会社はブラックすぎる!」と悲鳴を上げたい方や、就職・転職活動を行っている方はぜひご一読ください。

“ブラック企業アナリスト”として知られる、新田龍さんの電子書籍『知らないと損をする!ブラック企業を見抜く30のポイント』が85円でリリース開始となりました。

さっそく使ってみる
通常1400円で、現在は特別価格です。ぜひお早めに手に入れて下さいね!

ブラック企業で働きたくない人のための指南書 ブラック企業で働くサラリーマンを描いた映画が話題になった時期から、「うちの会社もは相当ブラック。」「内定を頂いた会社がどうもブラックの噂があり…」などと、ブラック企業に振り回されボロボロになった企業戦士の叫びが聞こえてくるようになりました。
ブラック企業をようやく退職したのに、転職先はもっとブラックだった!なんて話も良く聞きます。この書籍では「どんな会社がブラックなのか」を解説しています。
・終電でも帰れないような超ハードワーク
・その割には薄給
・ルーティンワークばかりでスキルにならない
・経営者や上司からのパワハラ、セクハラ
・違法行為が野放し

読めば読むほどうちの会社のことだ!なんて思えてくるかもしれません。
ブラック企業アナリスト・新田龍氏がこの書籍を通じて教えたいのは、人生の中で大半を占める仕事時間を後悔のないものにしよう、ということです。

ブラック体質を見極めるポイントは求人から! 「知らないと損をする!ブラック企業を見抜く30のポイント」の目次をご覧ください。
■目次────────────────────
I 求人広告から見抜く
(1)「社風の良さ」ばかり強調している
(2)初任給が高い
(3)求人広告を常に掲載している
(4)全体の社員数に対して、求人人数が多い

II ホームページから見抜く
(5)企業ホームページが稚拙である
(6)入社ハードルの低さが強調されている
(7)会社概要、仕事内容の説明が
  「抽象的、かついいイメージ」
(8)社名、代表者、業務内容や親会社などが
   頻繁に変わっている

III Web上の公開情報から見抜く
(9)「20代中心の若い会社」自慢
(10)ネット上でブラックの噂がたっている

IV 会社説明会、セミナーから見抜く
(11)人事担当者や社員の印象がよくない
   (高飛車、威圧的、無関心、疲労感…など)
(12)参加者の扱いが丁寧でない
(13)選考に進むことを強要される
(14)あいまいな表現をする

V 会社訪問で見抜く
(15)メールや電話での案内が不親切
(16)受付やオフィス、トイレが汚い
(17)標語やスローガン、棒グラフが
   所狭しと張られている
(18)社長室がやたら豪華
(19)デスクでランチをとっている人が大勢いる
(20)社員の印象が悪い/違和感がある

VI 面接で見抜く
(21)短時間/1回の面接で即内定
(22)面接は雑談ばかりで、何が評価されたかわからない
(23)スケジュールに余裕がなく、次ステップの選考や
   内定承諾を急かされる
(24)自社の説明をしたがらない、説明してもあいまい
(25)募集内容の記述と面接で提示された条件
   (仕事内容、待遇など)が違う
(26)精神論を持ち出す
(27)社長の価値観が極端で、柔軟性がない
(28)面接官や企業側の対応に誠意がない

VII 入社直前に見抜く
(29)内定後、自由を拘束される
(30)入社日近くになっても連絡が来ない

VIII 入社後に見抜く

求人、ホームページからもブラック体質を読み取ることもできるんです。
会社説明会やセミナー、会社訪問、面接に進むと「審査される側」になりますが、こちらとしても「ブラック企業じゃないのか見極める」姿勢を持っていても良いと思います。


本書は、ただ「こんな企業はダメだ!」と切り捨てている訳ではありません。働く前の心構えを作ったり、現在働いている会社のブラックな所を改善するヒントにもなります。

経営者の立場で考えると「ブラック企業にしたいわけじゃない!」と思うことがあるかもしれません。トップの考えが従業員に伝わっていないことは良くあることです。
ただ、働く人の目線で見るとブラックに感じる所はこういう所だということを理解するには良い1冊と言えるのではないでしょうか?

働くことを幸せに感じる人が一人でも増えますように。
就活や転職、めげないためにもぜひ参考に読んでみてください。

■ iTunes App Store
知らないと損をする!ブラック企業を見抜く30のポイント

https://itunes.apple.com/jp/app/id597751310