ベッカムがTwitterで質問に回答 H&Mが実施

写真拡大

 「H&M(エイチ&エム)」が、イングランド出身のサッカー選手David Beckham(デビッド・ベッカム)への質問を公式Twitter(@hm)で受付けた。質問にはDavid Beckham本人が回答。「サッカー選手じゃなかったらどんな職業に就いたと思う?」という質問には「マンガを描くのが好きだから、アーティストになってたかな」など、世界各国から寄せられた質問のうち全32問に答えたという。

ベッカムがツイッターで質問に回答の画像を拡大

 David Beckhamは、「H&M」のオフィシャルアカウントを通じてロンドンから回答。「今までプレイしてきた中で一番良いと思った選手は?」には「対戦した選手の中ではロベルト・カルロス、チームメイトとしてならジダン」、「気に入っているタトゥーは?また今後はどこに入れたい?」には「子どもに関するものが気に入ってるよ。今のところ次に入れる予定はないよ。スペースを探さなきゃね」など様々な質問に答えている。本国時間の午前8時にスタートしたというDavid Beckhamの回答作業は午後も続き、「今日は本当に楽しくてみんなに感謝しているよ。でも子供たちを迎えにいかないと」というツイートで終了。本国のH&M社は、「まだ詳細なデータは図れていないのですが、予想を大きく上回る数の質問をいただきました。多くの方に興味を持っていただいたことを大変嬉しく思っています」とコメント。次回、David BeckhamがTwitterにいつ登場するかは未定だという。

 Twitterに寄せられた質問にDavid Beckham本人が答えるという取り組みは、メンズのボディウェアライン「DAVID BECKHAM BODYWEAR FOR H&M(デヴィッド・ベッカム ボディウェア フォー H&M)」の新作発売に合わせて実施された。新作コレクションの映像と広告は、映画監督ガイ・リッチーがディレクションを担当。公式YouTubeやホームページでは、ガイ・リッチーが撮影したDavid Beckham主演のショートムービーが公開されている。

■H&M×ベッカム最新ムービーの監督にガイ・リッチー起用
http://www.fashionsnap.com/news/2013-01-10/hm-beckham-guyritchie/