仙台のJリーグチーム「ベガルタ仙台」。撮影は震災後最初の試合が行われた日(2011年4月)に見た横断幕。

写真拡大

■「英語楽しいなって思いました」

菊池直樹(きくち・なおき)さんは、仙台駅から約30キロメートル南方の亘理(わたり)町にある宮城県亘理高等学校普通科の3年生。所属はサッカー部。仙台市北部の住宅地に暮らす菊池さんは、「自転車(25分)〜仙台駅から亘理駅(常磐線30分)〜亘理駅から自転車(10分)」という行程で通っている。「朝は5時30分ごろに起きます。学校に間に合う電車は、仙台駅7時19分発のみです(泣)」。なお、亘理は仙台発上り常磐線の現時点での最南端駅だ。そこから福島県の相馬駅までは線路が津波に呑まれ、まだ復旧していない。震災直後、菊池さんはお母さんを手伝って避難所で働いていた。

「母は仙台市の青葉区役所で非常勤で働いています。震災のときは大変でした。人手が足りなかったみたいなんで、避難所の手伝いとかも一緒に行きました。ぼくは受け付けしたり、掲示板貼ったりとか、ご飯運びしたりしてました」

菊池さんの将来の志望は看護師だ。

「看護師になると、全国でどこにでも行けて、国際的にもNPOとか海外で活動もできたりできるので、それがいいかなと思ってます。きっかけは、親戚に看護師がいて、仕事の内容とか聞いてて。ほんとうは医師になりたかったんですが、現実の学力の面とかを見て看護師のほうを」

シビアな質問をします。学力的に医師ではなく看護師でと考えたのは、いつごろですか。

「高校1年生ですかね。まず、行きたかった高校に行けなくて。大きく言うと、英語が苦手でした。でも、今回『TOMODACHI〜』に参加したことで、英語楽しいなって思いました。外国の人とコミュニケーションが取れるってことはとても楽しいってわかって。やっぱりことばがわかれば、どんどん世界観も広がるし、友だちも増えると思って、今、もう1回基礎から勉強してます」

するり、と聞き逃しかねないので重複を承知で記しておく。英語が苦手で、行きたかった高校に行けなかった高校生が「TOMODACHI〜」に参加したことで「英語楽しいなって思いました」と笑顔で語る。看護師になって、国際的に働く可能性も視野に入る。そのことひとつだけでも、「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」の意義は大きい。菊池さんは今回の渡米が人生初の合州国体験。他の国を知るということは、自分が暮らす国のことを知るという体験でもある。

「最終日かな、サンフランシスコの街に買い物に行ったんですけど、ホームレスの人に目を付けられて、ついてきたんですよ。一緒にいてくれたメンターの人が回り道して振り切ることができたんですけど、やっぱり一歩外に出たら危機感を持たないといけないんだな、と。ふつうに銃持ってる人とかも見ましたし、日本はどれだけ安全かっていうのがわかりました」

さて、菊池さん、看護師という仕事に就くためには、何が必要だと考えていますか。

「国家試験を受けて、看護師の資格を取る。そのためには、専門学校か、大学の看護学科に行く。ぼくは大学を受けます。県内だと東北大学と宮城大学ですね。第一志望では宮城大を狙っているんですが、うちの高校でも、3年に1人とかそういう割合なので、頑張ってます」

宮城大は仙台の街中から外れた山の中にありますけれど、それは構わない(笑)?

「構わないです。近くにアウトレットができたので(笑)」

県立の宮城大学のキャンパスは、仙台市北部の泉区に三菱地所が造成した高級住宅地「泉パークタウン」に隣接する。2008(平成20)年には敷地内に三菱地所系の「仙台泉プレミアム・アウトレット」が開業した。他にも仙台には、「三井アウトレットパーク仙台港」(2008[平成20]年開業)が東に、西に地元の不動産会社が運営する「ヒルサイドショップス&アウトレット」(2002[平成14]年開業)がある。玄武(北)、青龍(東)、白虎(西)と揃い、あとは南の朱雀を残すのみだ。仙台は神社仏閣や自然地形の代わりに、アウトレットが四神の位置にある。

余談をもうひとつ加えれば、菊池さんが目指す宮城大学の近くには宮城県図書館もある。近代的な建屋と蔵書数108万点(視聴覚資料含む)を誇る巨大図書館だ。かつては仙台の交通至便な街中にあったが、1998(平成10)年に仙台市の北辺に移転した。最寄り駅は、ない。今回、取材に参加してくれた高校生4人は、いずれも仙台北部の住宅地に住んでいるのだが、「使わないですね」「1回しか行ったことない」「チャリで行くのも山を越えるのが大変で」と、「学都仙台」最大の図書館の評判は悪い。

さて、菊池さん、仕事をしているときはどこに住んでいますか。

■先生を少し尊敬する理由

菊池さん、仕事をしているときはどこに住んでいますか。

「東北に残りたいですけど、できれば。仙台を出るとしても、東北の中で」

菊池さんの話で印象的だったことは、学校教師への肯定的評価だ。進路選択に際し、先生のほうに情報が足りない。大学までは示すことができても、その先にある「職業」のヴァリエイションを知らない——という話は、この連載取材のなかで複数回耳にした。だが、高校教師の役割は「情報提供者」だけではない。そのことを菊池さんの話で気づくことができた。

「ぼくにとっては、火を着けてくれるって言うか——なんていうんだろう、勉強してても、やっぱりやりたくないときってあるじゃないですか。そういうときに、いつも見てくれている担任の先生がタイミングよく『ちょっと直樹、おいで』って声かけてくれて『最近どう?』みたいな。話はふつうに『部活どう?』とかから始まって、最終的には『勉強頑張れよ』って言ってくれる。こっちも『よし、頑張ろう』みたいなかんじになります」

その先生は、受験や進路の「情報」とは違う何かをくれるわけですね。何をくれたんでしょう?

「何だろう? きっかけですかね、やっぱり。『TOMODACHI〜』に参加できたのも、その先生の『行ってみたらいいんじゃない?』っていうひとことがきっかけですし。英語も苦手なんで、どうしようかなと思っていたら『行ってみたら? けっこういいと思うよ』って言われて」

宮城県亘理高等学校は、1898(明治31)年、郡立亘理簡易養蚕学校として、江戸時代の学問所「日就館」跡地に開設された。日就館は、亘理藩主にして伊達政宗の重臣であった伊達成実(しげざね)が文武両道を尊んだことに由来する学校だ。現在の全校生徒数は527名。平成23年度卒業生157人のうち、4年制大学進学者は21名、国公立大学進学者はいない。多数を占めるのは、専門・各種学校(59名)と県内就職者(55名)だ。つまり亘理高校では大学進学者が少ない。菊池さん、そういう進路を選択すると「うちの学校は、あまりそういう例がないから」とか言われませんか。

「うちの学校、まさにそうです。でも、60代くらいのおじいちゃん、うちの祖父くらいとかの年代ですと、亘理高ってけっこう進学多くて、東北大にも行っていたらしいんです。そのあと減っていって、お父さん世代の先生たちが自信がなくて、あまり進学を勧めないんです。『大学と専門学校どっちを先生は勧めますか』って聞くと、やっぱり楽な専門学校のほうをどんどん推してきて、大学側のほうへ行くカリキュラムを作ってくれなかったりとか」

なぜ変わったんだと思いますか。

「仙台に高校がいっぱいできたことだと思います。やっぱり街に行きたいじゃないですか。仙台が吸い上げちゃった影響はあると思います。今は、地方の学校になると二次募集が当たり前みたいなかんじです」

たとえば南の亘理や白石(しろいし)、東の港町・石巻、北の穀倉地帯の中心地・古川(現・大崎市)——菊池さんが言う「祖父くらいとかの年代」のころは、仙台以外の宮城県の町には、それぞれの地元名門校があり、その町の中学校を出た優秀な子どもたちが集まって、そこから国公立大学を目指す環境があった。今は様相が異なる。かつての名門校で、少数派である進学組の菊池さんは、勉強する環境を自分でつくらざるを得ない。

「高校の就活って、夏が終わるともう決まるんです。遅くても10月、11月くらいで。あとはやっぱり遊ぶんです。冬休みには、もうみんな自動車学校に行ってますし。進学組でも推薦とかAOで決まった生徒は、みんな入学金のためにバイトしてたりします。先輩たちの話を聞いてると、それに巻き込まれちゃって勉強ができないらしくて。自分はそうならないように、今、臨時職員の余っている机を借りて職員室で勉強してます。校長先生にお願いして。職員室だからすぐ先生に聞けるっていう利点もあるし(笑)」

高校生活、楽しいですか。

「楽しいですね。亘理高は、1学年に5つの学科(注・普通科普通コース、普通科園芸コース、食品科学科、商業化、家政科)があって、多くの資格や経験を得ることができます。手に職をつけたり、進学に有利な場合もありますし」

菊池さん、先ほどの「先生が火を着けてくれる」話、最後にもう少し詳しく話してください。

「ぼくは丈治と逆で、先生を少し尊敬している部分があって。何人もいる生徒を束ねていくうえでの人間関係の『合う、合わない』を解決していくところとか、生徒は1人ひとり違う進路なのに、そこにアドバイスして、その人のためになるように自分を犠牲にしてやってくれてるかとか、けっこう大変なところがあると思うので、ぼくは少し尊敬してます」

次回は連載取材で最後に訪れた街、岩手県釜石市で会った6人の高校生の話をお届けする。

(明日に続く)

(文=オンライン編集部・石井伸介)