靴擦れした時の対処法

写真拡大

履き慣れない靴を履いたり、長時間歩いたあとなどは、靴擦れを起こしてしまうこともしばしば。

気づいて応急処置をしても痛みが気になって、その後うまく歩けなくなってしまうこともあります。

そこで今回は、靴擦れをしてしまったときの対処法と、靴擦れを予防するための方法をご紹介します。

■そもそも靴擦れはなぜ起こる?慣れない靴を履いたり、長時間歩くことで、足と靴との摩擦回数が多くなります。

この摩擦が激しく何度も行われてしまうことで靴擦れを起こしてしまいます。

長時間歩くときに履きなれた靴を用意するのは、足への負担を軽減することはもちろん、靴擦れを予防することでもあるのです。

新しい靴を買う際、デザインなど見た目を重視することもいいですが、長時間履くことを前提としている場合は、足にしっかりとフィットしたものを選ぶことが大切です。

靴の種類、デザインによって同じサイズでも履き心地はかなり異なりますから、直接ためし履きをして商品を選んだほうがいいでしょう。

■軽症ならばんそうこうで靴擦れをもっとも起こしやすい場所はカカトです。

気づいた時点でばんそうこうを貼れば、傷口が悪化するのを防げます。

日ごろから数枚持ち歩くようにしておくと安心です。

傷口が擦れて痛い場合は、ティッシュなどで一時的に靴擦れした箇所をおさえながらばんそうこうを貼りましょう。

■せっけんですべりをよく靴擦れが起きやすい靴の部分に固形せっけんをこすりつけておくことで、すべりが良くなります。

こうすることで靴擦れの予防にもなります。

これは、げたの鼻緒などにも有効な方法です。

どうしてもお気に入りの靴で靴擦れを起こしてしまう場合は試してみるといいでしょう。

■水ぶくれができて歩けない場合ひどい場合は靴擦れが水ぶくれを起こし、痛みでそれ以上歩けなくなってしまうこともあります。

この場合は清潔なピンなどで水を出して傷口を消毒し、ばんそうこうを貼りましょう。

この場合傷口が擦れるのを防ぐため、少し大きめのばんそうこうをはるか、ばんそうこうを重ねて貼るといいでしょう。