無印良品が平均14%値下げ 100品以上が対象

写真拡大

 無印良品が、2月15日より100品以上を現在の価格より平均14%値下げする。価格見直し「おお 新価格」実施対象商品は、磁器ベージュ食器シリーズやステンレスカトラリーシリーズなど。

無印良品が価格見直しの画像を拡大

 定番商品の無駄を点検し、適正価格を追求し続けている無印良品だが、100点以上におよぶ今回の「おお 新価格」は同ブランドでも大規模な価格見直しだという。「おお 新価格」の対象商品は、キッチン用品をはじめボディタオルやPET詰替ボトルシリーズ、化粧ポーチ文具まで多岐にわたる。1984年の発売以来、デザインを進化させている食器シリーズの小皿は210円から150円に、ボール(小)は368円から300円に、世界戦略の一環として2009年にデザインが一新されたステンレスカトラリーシリーズのスプーン大は300円から250円になるなど、それぞれの製作過程をふまえてより手の届きやすい価格に変更。無印良品の担当者は、今回の見直しについて、「新生活を迎える方々にとってより買いやすい価格になれば」と話している。