中国で販売されていたアニメキャラハンガー。「その発想はなかった」の声相次ぐ(タオバオの販売ページより)

写真拡大

中国から、またびっくりするようなオタクグッズ情報が届いた。その名も「アニメキャラハンガー(動漫角色衣架)」。いったいどんなものなのか?

中二病からFate、銀魂、シャアまで

記事中の写真を見ての通り、アニメキャラの「肩から上」の部分をあしらったハンガーだ。服をかければ、ちょうどキャラがその服を着ているような格好になる。部屋に吊るしておけば、自分の服を着たキャラとまるで同居しているような気分が味わえるという寸法で、まさしく多くの人がネット上でつぶやいたとおり、「その発想はなかった」。

「漫踪」なる中国のアニメグッズメーカーが通信販売しているもので、材質はベニヤ板。2012年秋に放映されたばかりの日本アニメ「中二病だけど恋がしたい!」のヒロイン・小鳥遊六花を始め、「エヴァ」の綾波レイ、「Fate」シリーズのセイバー、「銀魂」の坂田銀時、「黒子のバスケ」の黄瀬涼太、果ては「ガンダム」のシャア・アズナブルにいたるまで、幅広い人気アニメのキャラが勢ぞろいしている(正規品かどうかは定かではない)。価格は46元(約690円)とのこと。

日本では2013年1月末にネット上で、出元が不明のまま画像が話題になり、

「また新たなオタグッズかw ほんとよく考えるわ」
「発想はすごいと思うわ。マジで」

と評判になっていた。