Kindleでも作品「abさんご」が配信されることになった黒田夏子さん

写真拡大

75歳という史上最高齢受賞、さらに全編横書きなどの実験的手法などで話題を集めた黒田夏子さんの芥川賞受賞作「abさんご」が、2013年2月9日からアマゾン・Kindle(キンドル)ストアで電子書籍として、文藝春秋から配信される。

単行本は売り切れ続出

同作を収めた小説集『abさんご』(文藝春秋、1260円)は、1月20日の発売直後から書店で売り切れが相次ぐほどの人気を博している。キンドル版では、書籍版に収録された他の短編は収録されず、「abさんご」単体での配信となる。

キンドルストア開始以来、電子書籍への注目が高まっており、発売元の文藝春秋も、今回の「abさんご」電子書籍化について、「話題の作品になるだろう」と期待を隠さない。

価格は900円。