異例の大抜擢! 13歳の久保田紗友がドラマ主演で世界デビュー&主題歌担当

写真拡大

2011年、ソニー・ミュージックアーティスツの女優発掘オーデション「アクトレース」から選抜され、10代の女優のみが所属する「劇団ハーベスト」のメンバーとなり、着実にその演技力を磨いてきた久保田紗友(くぼたさゆ)。

そんな彼女がこの度、BS-TBSにて現在放送されている連続ドラマ「神様のイタズラ」の主演に選ばれた。久保田紗友は、心が入れ替わってしまう、自分の役も含めた1人5役に挑戦する。さらに、このドラマの主題歌も彼女が担当するという、新人としてはまさに異例の大抜擢だ。

そして、このドラマはテレビでの放送に先駆けて、Ustream Asiaで世界配信されることでも話題を呼んでいる。英語字幕版、中国語字幕版の両方が用意され、日本よりも先に世界で配信されるという前代未聞の取り組みに、国内外から熱い視線が注がれている。また、この世界配信時に流れる森永製菓のCMキャラクターも久保田紗友が務めることになった。

なお、久保田紗友が歌うこのドラマの主題歌は現在、CD化や配信の予定はされていないとのこと。女優としても歌手としても、大役を任された弱冠13歳の久保田紗友に、今後大きな注目が集まりそうだ。