東京都・多摩動物園でキリンの赤ちゃんが誕生! 名前は「ユララ」

写真拡大

東京都日野市にある多摩動物公園で1月4日、キリンの赤ちゃんが誕生。

関節の異常により治療中だったが無事回復し、同園にてその姿を見られるようになった。

今回産まれた赤ちゃんは、「ユーカリ」(メス)と「カンスケ」(オス)の間に誕生したメスのキリン。

母親の「ユーカリ」から1字取り「ユララ」と名付けられている。

同園では、ユララが左後肢関節の異常により、うまく歩くことができなかったため治療を実施。

ギプスで固定したあと、経過を見てテーピングに移行し、1月30日に最後の処置を行ったという。

現在は、同園の屋外予備運動場で展示している。

なお、体調や天候によっては室内で過ごさせることもあり、姿を見ることができない日もあるとのこと。

詳細は、東京動物園協会が運営する都立動物園・水族園の公式サイト「東京ズーネット」で見ることができる。