東京ビッグサイトで、日本最大級の花の祭典「フラワードリーム2013」開催

写真拡大

日本生花通信配達協会(以下JFTD)は4月13日・14日の2日間、東京国際展示場にて、日本最大級の花の祭典「フラワードリーム 2013 in 東京ビッグサイト」を開催する。

同イベントは、JFTD・花キューピット創立60周年記念として開催するもので、花の持つ魅力や花文化の醸成をテーマに行う。

同協会は持てる力をできる限り東日本大震災復興支援に向けていきたいと考え、同イベントでの募金活動や入場料と売り上げの一部を義援金として寄付し、復興応援活動を行うとのこと。

期間中は、日本一のフローリストを決定するフラワーデザイン競技会の最高峰「2013 ジャパンカップ」、日本いけばな芸術協会による「いけばな展示」を開催。

現代の住空間に合う新しい作風の盆栽「彩花(さいか)盆栽」と浮世絵の「日本の伝統 盆栽・浮世絵展示」も行う。

また、“60 歳以上のあの人にバラを贈る「Enjoy60!Happy Rose」”のコンセプトをもとに、「第6回 Happy Rose アワード」も開催する。

一般公募による「プリザーブドフラワーコンテスト」、花キューピット各加盟店によるデザイン性豊かな商品のアイデアと技術を競い合う「花キューピットグランプリ」を実施。

また、生花・鉢物などの即売会や新品種の展示「フラワーマーケット」、フラワーデザイン教室を体験できる「花育ワークショップ」も開催する。

さらに、花関連資材メーカー・卸売業者が一堂に会する国内最大級のビジネスショー「フラワートレードショー」、一般公募によるコンテスト「JAL CUP 2013」など、様々な企画も用意している。

4月14日には、「趣味の園芸」の公開収録が行われる。

同イベントは、4月13日の13時〜19時、 4月14日の10時〜18時に開催。

入場料は、1,500円、前売り券1,000円。

高校生以下無料。