「いわての一生懸命を、食卓に。」ポスター

写真拡大

「いわての一生懸命を、食卓に。」――とれたてのホタテを両手いっぱいに持ってほほえむ男性のポスターが、新宿駅にお目見えした。岩手県は、福島第1原発事故に伴う風評被害を防止し、農林水産物の安全性をアピールしようと、2013年2月1日からPR事業を活発化している。

岩手出身タレント・福田萌さんが、TV番組で「うまいもの」紹介

ポスターは、海産物をアピールするものの他、牛肉やコメ、シイタケを紹介する全4種類を用意した。全頭検査やモニタリング検査した後に食材を出荷しているとの説明が書き添えられている。新宿駅のほか都営地下鉄にも掲示し、阪急梅田駅や西鉄福岡(天神)駅、大阪国際空港、福岡空港などで計3000枚のポスターを張った。

また、岩手県出身のタレント・福田萌さんを起用したテレビ番組「うまいもの大陸いわて探訪」(BSフジ)の放送を2月7日から始めた。県内の「うまいもの」を福田さんが取材して食材のPRをする番組で、ユーチューブにもアップロードする。

特設サイト「別冊いわて食材倶楽部」も開設しており、生産者に聞いた食材へのこだわりや、料理人の目から見た食材の魅力を書いた記事のほか、岩手の生産者に向けて応援メッセージを送れる掲示板もある。また、クイズに答えると「雫石牛すきやきセット」などの食材が抽選であたるプレゼントを実施中だ。特設サイト内にも掲載している4種類のポスターと、「うまいもの大陸いわて探訪」アーカイブがヒントとなる。サイト掲載期間は3月31日まで。