株価が上昇しても“毎月分配型投信”は安心できない

 昨年11月から株式市場は上昇が続き、投資信託も軒並み基準価額が上昇しています。現在はホクホク顔の投資家がほとんどでしょう。

 ただ、その直前まで毎月分配型投資信託(以下、毎月分配型)の世界では、毎月の分配金を減額する動きが相次ぎました。その多くが投資家から多額の資金を集めているファンドでした。

 毎月分配型は、投資家に分配金を毎月支払う金融商品。大体1万円分買うと数十円から高いものだと300円ほどの分配金が毎月もらえます。そのため、退職金をもらった方が数百万円分をまとめて購入し、毎月数万円の分配金を受け取るというパターンが多いのです。

 毎月分配型の商品性の是非についてはここでは触れませんが、私が今回、投資家のみなさんにぜひお伝えしたいのが「株価は上昇したが、危ない毎月分配型はまだまだたくさんある」ということです。

「分配金が減額」になったらかなりヤバい

 では、何が問題なのでしょうか?

 毎月分配型は投資家のみなさんから資金を集め、それらを運用することにより収入を得て、その収入から分配金を支払うようになっています。

 しかし、これは建前(理想?)であり、実際には毎月の分配金を支払うために、投資家のみなさんから集めた資金を削って支払っていることもあります。いわゆる「タコ足」(タコが自分の足を食べる)というやつです。

 ただ、パッと見では「タコ足」はわからないため、高い分配金を支払っている毎月分配型が人気を集めている状況が続いてきました。

 しかし、タコ足にも限界があります。そうなると分配金を減額せざるを得ず、そういった状況が昨年の秋頃から顕在化し始めたのです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)