肩こりや身体のたるみの原因は肩甲骨! 簡単に健康・美を取り戻すは?

写真拡大

「頭痛や目の疲れ、身体のだるさなど、特に病気でもないのに痛みに悩まされている」 ―その原因は肩こりにあるかもしれない。

おなかや顔などの身体のたるみも、実はこの肩こりゆえの場合もある。

ピップは肩こりについて、1月31日にメディア向けの勉強会を実施した。

同社は2012年12月17,18日、20〜49歳の女性210人(フルタイムのオフィスワーカー)を対象に、肩こりによる悩みについて調査を実施。

慢性的(週に1回以上)な肩こりを感じている人は、そうでない人に比べて、冷え性や足のむくみ、頭痛などを“健康面の悩み”を抱えていることが分かった。

また、イライラする事が多い、気が沈むなどという“精神的な悩み”や、おなかやお尻、二の腕がたれてきたという“身体のたるみ”も、肩こり持ちの人に多い傾向があるようだ。

整形外科医でスポーツドクターでもある中村格子先生は、慢性的な肩こりを治すポイントは肩甲骨にあるという。

肩甲骨は鎖骨とつながっているだけで浮いている状態であり、肩甲骨を自由に動かすことで肩と腕をつなぐ役割をしている。

オフィスワークや家事などで、前傾姿勢になることが多い現代人は、身体の前側の大きな筋肉に肩甲骨が引っ張られて開き、肩が前のめりになる“猫背”の状況になりやすくなっているという。

同社はこうした肩甲骨を、“さびつき肩甲骨”と定義している。

“さびつき肩甲骨”になると、肩甲骨周辺の筋肉も身体の外側へ引っ張られたまま動かなくなり、血行不良に陥ってしまう。

その緊張状況が続くと筋肉内に乳酸がたまり、肩や背中のこりの原因となる。

また、“さびつき肩甲骨”によって猫背になると、見た目の姿勢が悪くなるのみならず、バストトップが下がる、下腹部がぽっこり出る、お尻がたれるなどという身体のたるみにつながってしまう。

さらには、肩甲骨が開いた影響で胸部の骨格が下にさがり、あごの部分に当たる広頚筋(こうけいきん)もさがる。

結果、顔のたるみを助長してしまうという。

“さびつき肩甲骨”のチェック方法として、中村先生は以下の項目を挙げている。

これがひとつでも当てはまると、“さびつき肩甲骨”の可能性があるという。

・猫背と言われることが多い・ブラジャーのホックを前側でつけることが多い・いつも背中の真ん中辺りにこりを感じる・背中の対角線上で、自分の左右の手をつなげない・直角に曲げた腕の両肘をつけて、水平以上の高さに上げられない・直立の上体で身体の後ろで両手を握り、握った手を腰骨の高さまで上げられない“さびつき肩甲骨”を改善する方法は大きく2つあるという。

ひとつは肩甲骨周辺の筋力をつけること、もうひとつは肩甲骨周辺の血行を改善することだ。

筋力をつける方法として、中村先生は以下のエクササイズを提案している。

インナートレーニング背筋を伸ばして真っすぐに立つ肘を90度に曲げて、脇腹をぴったりつけるそのまま手のひらを内側に向けた開閉運動を10回繰り返すタオルプルダウンタオルを肩幅に握る背筋を伸ばした状態で腕を真っすぐ上げるその状態のまま、タオルを握った手を真っすぐ下ろす運動を10回繰り返す他にも血行を改善する方法として、入浴や簡易カイロなどで肩甲骨周辺を温めることや、磁気治療器などで血行を促すことを推奨している。

より効率的な肩甲骨周辺の血行改善を目指し、同社は付け替え型の磁気入りブラストラップ「磁気のブラストラップ」を開発。

ストラップには肩から肩甲骨にかけて、磁束密度150ミリテスラの磁石を左右に5つずつ配置した。

貼付用ではないため肌への負担が少なく、手が届きにくい肩甲骨周りのケアができるという。

同商品は4月2日に全国発売される予定で、価格はオープンとなっている。